映画評「映画 ビリギャル」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・土井裕泰
ネタバレあり

坪田信貴という小さな塾の塾長が書いた長いタイトルのノンフィクションは知っていた。慶応大学に合格するために偏差値を30から70に上げるという話だ。
 大学を受験したりお子様が大学を受験した方ならお解りでありましょうが、同じ総合偏差値70前後でも私立の早大・慶大と国立の東大・京大・一橋大とでは意味が違う。東大は大昔からずっと五科目、二つ弱い科目があったら致命的で、そこが私大と全然違うのだ。苦手科目のある人にとって上の三国立大学はかなり難しい。

二科目・三科目でも偏差値70というのは簡単に出せる数字でないことは確かで、それ以上に偏差値30というのが凄い。偏差値40ならある程度点を取らないと出ないが、偏差値30なら多分全教科ほぼ0点でも出る数字ではないだろうか?

さて、映画のほう。
 エスカレーター式に高校・大学に進める私立中学に入ったさやか(有村架純)は、やっと出来た友達の影響で勉強を全くせずに過ごすうちに学年最下位の学力となる。高2の時喫煙の非行の疑いでエスカレータ式の進学が難しくなった為、母親(吉田羊)が勤めを掛け持ちして小さな塾に通わせてくれる。やる気を起こさせるのが上手い講師・坪田(伊藤淳史)に乗せられ、かくして、偏差値70が必要な慶応文学部と総合政策学部(僕らの頃はなかったぞ)合格を目指す。

というのが物語の骨子で、彼女のやる気を引き出すのは坪田講師(実際は塾長)だが、それを強めるのは自身の夢を息子に託し娘を鼻から馬鹿にする父親(田中哲司)や、人の希望を打ち砕く言動しかしない学級担任(安田顕)への反骨精神である。彼らをぎゃふんと言わせたいだけなのである。こうなった時、人は存外強い。

孤独ではあるがなかなか利発そうな小学生時代と比べて、高校時代の彼女の常識のなさは恐るべしで、「聖徳太子」を「せいとくたこ」と呼んで太っているので“たこ”と呼ばれている可哀想な女の子を想像したり、北と南も知らなかったり(姉贔屓の妹にすら馬鹿にされる)と、笑わせてくれる。
 息子に自分の希望を託す父親や掛け持ちで働く母親との関係などは構図的に平凡で、それが彼女の頑張りに繋がっていくのもスポ根もののヴァリエーションに過ぎないが、夫々の心情に僕はぐっと来るものがありましたよ。
 批判ばかりしてきた土井裕泰監督の作品でこういう経験は初めてなので、映画としては凡々たるものでも★一つくらい余分に進呈する気にさせられた。

家と塾での勉強の為に学校で居眠りすることへの批判を読んだが、実際には、塾と学校の関係を皮肉っているようで面白く見られる。少なくとも生徒の足を引っ張るような先生が教える学校においては十分「あり」であろう。

受験はしなかったが、本作の母子のように、映画友達K君が受験するので付き合って慶応大学の三田キャンパスを見学しに行ったことはある。結局彼は一橋に進学したが、ワイフは慶応出身だ。

"映画評「映画 ビリギャル」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント