映画評「チャップリンの独裁者」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1940年アメリカ映画 監督チャールズ・チャップリン
ネタバレあり

放浪紳士チャーリーの姿が見られる最後のチャールズ・チャップリンの映画である。

1930年代後半、ドイツに他ならないトメニアでは独裁者ヒンケル(チャップリン)が欧州の各国を侵略するとともにユダヤ人を排斥する政策を打ち立てる。
 欧州征服の見果てぬ夢はゴム風船の地球で表現されていて、風船が破裂することで彼の野望がくじけることをチャップリンは予言する。世界征服の虚しさを鮮やかに表現した夢幻の美しさに満ちた名場面である。

排斥の対象であるユダヤ人の中に独裁者にそっくりの理髪師(チャップリン二役)がいて、彼は20年前の大戦末期に負傷してずっと入院していた為時代の変化を知らず、気付かないうちに突撃隊(親衛隊ですな)を愚弄する行動を取り、その様子を観ていた反骨精神のある娘ハンナ(ポーレット・ゴダード)と親しくなる。
 彼らは20年前に理髪師が突撃隊長シュルツ(レジナルド・ガーディナー)を助けた恩人であることから優遇されるが、間もなく反逆罪で逮捕されるシュルツと共に追われる。
 しかし、侵略したオストリッチでそっくりな二人は互いに間違えられ、理髪師が群衆の前で演説をぶつことになる。これが映画史上に名高い6分間の演説である。

映画は映像で訴えるものという考えから直截(ちょくせつ)的にすぎると批判の少なくない部分であるが、僕は言葉でしか表現できない場合はそうする価値があると思っている。ある意味実験的ですらあった。
 というのも、これは理髪師の演説ではなく、チャップリン本人の演説であると理解できるからである。突然理髪師チャーリーがチャップリンに変身するのである。長年拘って来たサイレント手法から完全トーキー手法を取り、それまで大した台詞を放っていない理髪師が突然能弁に喋るところに、チャップリンのヒトラーへの危機感が強く打ち出されている。映画的なバランスを崩すことを恐れていない。

それでも喜劇として優れていなければダメだと思うが、序盤の砲弾がチャーリーを追ってくるくる回るという辺りの、日本喜劇人に大きな影響を与えた(と思われる)場面に始まり、飛行機がさかさまになっていることに気付かないことによる珍なる行動、ブラームスの「ハンガリー舞曲」に合わせての髭剃り場面の超絶技巧、ムッソリーニならぬナポロニ(ジャック・オーキー)との一連の背比べに見るヒンケルの劣等意識の表現など、上等なお笑いが満載、大いに笑わせて貰える。

チャップリンが本作に取り掛かったのは1939年9月。まだヒトラーの政策が正確に知られていず、アメリカがドイツとの戦争に関わっていない時期に、その核心まで、それもかなり正確に、突っ込んだ内容になっているのは驚異的。皆さん同じようなことを仰るので面白くないが、事実だから仕方がない。

そっくりであることは多くの場合喜劇で扱われるが、現実では悲劇になりうる。本作の場合、ギミックに留まらず、「民族の違いと言っても実際には区別など付かない。何と馬鹿げたことか」というヒューマニストの叫びでもある。

40年ぶりくらいの2回目。何故か遠慮してしまうチャップリン作品であった。

"映画評「チャップリンの独裁者」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント