映画評「十三人の刺客」(1963年版)

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1963年日本映画 監督・工藤栄一
ネタバレあり

東映の時代劇は既に当時のお年寄り向けに作られていた印象が強く殆ど観ていないのだが、時代劇が衰退に入り始める1960年前後から新感覚のシャープな時代劇も幾つか作られた。本作もその一つだが、それでも僕は敬遠して何度もTVで放映されてきたのに観なかった。今回観たのは三池崇史のリメイクがなかなか良かったからで、違いなどを確認しながら観た。

徳川十二代将軍・家慶の異母弟の明石藩主・松平斉韶(なりつぐ=菅貫太郎)の悪逆非道の暴君ぶりに堪忍袋の緒を切った老中・土井利一(丹波哲郎)が、御目付・島田新三衛門(片岡千恵蔵)に暗殺の命を下す。島田は甥の新六郎(里見浩太郎)を筆頭に腕に覚えのある侍11人を集めて暗殺部隊を構成、参勤交代の行程を読んで綿密な計画を立て、途上の宿場町を買い取りそこで暗殺を敢行することにし、町の郷士・木賀小弥太(山城新吾)を加えた総勢13名で、敵軍に立ち向かうことになる。

というお話は木賀の扱いが違うくらいで大体同じ。リメイクで敵の人数が数値として具体的に現れていたのは、ゲームが定着した平成の人々に向けた脚色であったと思われる。

さて、本作脚本を書いた池上金男には一つの目的の為に結束する侍というモチーフにおいて「七人の侍」(1954年)が頭にあったにちがいない。「用心棒」(1961年)「椿三十郎」(1962年)がヒットした為その西部劇的ムードも加えてこの作品を書いたのだろう。ただ「七人の侍」が群像劇的要素が強かったのに比べると、本作では十三人の総体を一つの人格のように扱っている雰囲気があるので、ドラマ性や人物造形の面白さを期待するとぐっと淡白に感じられる筈である。脚本の行間から、或は、当時まだ若手だった工藤栄一監督のタッチから虚無主義的な匂いが漂っているのもヒューマニズムに立脚した「七人の侍」とは違う。

リメイクと比べても、ロングショットの多さが余計に淡白な印象をもたらす。逆に、「七人の侍」の性格描写が煩く感じられるムキには好感を抱く方もいらっしゃるだろう。
 どちらが良いというわけではない。「七人の侍」と本作とでは見せ方において狙いが違う。狙いが的外れではなく、かつ、その目論見通りに作られていれば、程度こそ違え、見る人が見れば楽しめるのである。

小泉さんの頃だったろうか、選挙で刺客を“しきゃく”と発音する議員が多いのが気になった。必ずしも間違いではないが、“しかく”と言わないと“まる”は付けられない。本当はせきかくと読むらしい。

"映画評「十三人の刺客」(1963年版)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント