映画評「裏切りのサーカス」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2011年イギリス=フランス=ドイツ合作映画 監督トーマス・アルフレッドソン
ネタバレあり

映画「寒い国から帰ったスパイ」(1965年)以降日本でもよく知られるようになったスパイ小説作家ジョン・ル・カレは近年に至って益々人気者になり、コンスタントに映画化されている。
 などと言って未だに一作も読んでいない無精者でありますが、本作は1974年に発表された「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」を「ぼくのエリ 200歳の少女」で一躍有名になったトーマス・アルフレッドソンが映画化したスパイ映画である。

鑑賞した時のコンディションが悪かった。どうも温度差アレルギーによる鼻炎で集中し切れず、そうでもなくても回想が随時挿入され、色々な人物が入れ替わり立ち替わり登場する複雑な構成なので、時々解らなくなったが、理解でき思い出せる範囲でアウトラインを書いておく。

MI6に“サーカス”というグループがあり、“コントロール”と呼ばれるジョン・ハートが部下のマーク・ストロングを使って亡命を希望するハンガリーの将軍に援助の手をさしのべようとして失敗、瀕死の重傷を負ったストロングはソ連に捕えられて拷問に遭う。
 この事件により“サーカス”内部にソ連と内通している二重スパイがいることが明確になって来て全員が疑心暗鬼になるが、次官によって既に引退させられていたゲイリー・オールドマンが関係者に当たり、今は亡き“コントロール”の言う“もぐら”即ち二重スパイを突き止め、処理をする。

固有名詞特に女性名がよく解らなくて理解に難儀した。例えば、女性名“カーラ”は個人名ではなくKGBそのものを指すのではないか、個人名であっても女性とは限らないという気がしているのだが、どちらにしても自信がない、といった具合。どうももやもやするので、本作は時間が出来たら近いうちにも再鑑賞予定ということを予告しておいて、閑話休題。

半ば良い意味で不親切な映画である。昨今の日本映画みたいにくどく映像で描写した上でなおかつ台詞で説明するなんて、解る人にとってはまだるっこくて有難迷惑な作りとは全く正反対だが、多分冴えた頭で見れば恐らくちゃんと解るように作られている筈である。

お話の図式やテーマはグレアム・グリーンのスパイ小説を映画化したオットー・プレミンジャーの遺作「ヒューマン・ファクター」(1979年)と似ていて、複雑な展開のうちに冷戦末期のスパイの悲哀が浮かび上がって来る。

撮影監督は「エリ」のホイテ・ヴァン・ホイテマ(日本なら吉田吉男みたいな名前ですかな)で、構図と空気感醸成を強く意識したカメラワークを披露、厳しいムードでの展開を目指したと推測されるアルフレッドソン監督と良いコンビネーションを見せている。

演技陣は現状ではベストに近い布陣で、特にオールドマンが冷静な、言わば無表情の表情というものを作り出して近年にない好演。

といった次第で、採点は暫定ながら、多分再鑑賞しても変わらないでしょう。

久しぶりに映画のタイトルらしい邦題にゴキゲン。

"映画評「裏切りのサーカス」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント