映画評「リアル・スティール」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督ショーン・レヴィ
ネタバレあり

監督をしたショーン・レヴィはファミリー映画御用達の職業監督だから観る前に内容の予想がつくようなつかないような感じである。原作がリチャード・マシスンと聞けばベテラン映画ファンなら期待するだろうが、ふたを開けてみれば、マシスンの原作はアルフレッド・ヒッチコックが「」(1963年)でデュ・モーリアの小説のちょっとしたアイデアを戴いた程度のものと推察される。

2020年という近未来が舞台で、元は有望なプロボクサーだったが、時代の変遷と共に人間の格闘技が廃れると同時に人間としても落ちぶれ、人間の代わりに闘うロボットの操縦士になった中年男ヒュー・ジャックマンが、別れた妻の急死を受けて、残された息子ダコタ・ゴヨ君の親権を妻の姉妹ホープ・デーヴィスの夫婦に譲渡する代わりに大金を得て中古のロボットを買い、夫婦の休暇旅行の間形だけ息子の面倒を見つつ試合に臨むが、機械に強そうな息子の予想通り見事にロボットを廃棄に追い込んでしまう。
 が、少年が廃棄場で偶然発見した旧型を掘り起こして見ると見事に動き、しかも人の動きを読み取る特殊機能がある為、ATOMと記されたこのロボットを土台に今まで壊したロボットの良い部分を併せて完成させてみると、彼らが思った以上に強力なロボットになっていることが後々判って来る。

というお話はなーんということはない。ダメになったボクサーの親子愛は「チャンプ」(1979年)から、無名のボクサーが最強ボクサーに果敢に挑戦するのは「ロッキー」(1976年)から拝借して合体させ、ロボットにロッキーの代わりをさせただけである。人間がロボットになったからと言って格別の新味があるわけではなく、実際のボクサーがセコンドの指示通りに動くようにロボットもセコンドの指示通りに動くだけという曲のなさ。

そこを逆手にとって、デジタルVSアナログ若しくはデジタル+アナログの部分をもっと生かした作劇にすればSFとしてぐっと面白くなった筈だが、一般ドラマとしてマシスンのアイデアを広げたらしい、ダン・ギルロイとジェレミー・レヴェンの原案、ジョン・ゲイティンズの脚本は侮れない。「ロッキー」とまさしく同じ展開になる最強相手との戦いなど、定石通りの描写・展開ながら、主人公が人間としての輝きと誇りを取り戻す様子がよく伝わってきて、思いの外じーんとさせられてしまうのである。

採点は抑えたが、それ以上の好印象あり。

試合で言えば、判定勝ちくらいですかな。

"映画評「リアル・スティール」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント