映画評「愛する人」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2009年アメリカ=スペイン映画 監督ロドリゴ・ガルシア
ネタバレあり

かの大作家ガルシア=マルケスを父親に持つロドリゴ・ガルシアには隔靴掻痒の思いがあった。内容は素晴らしいが、作るのはオムニバスばかりだし、ワン・エピソード・ワン・カットなどという必要もない実験的なことをやったり、きちんとした長編映画でその内容に合った映画作家としての力を発揮できていないと感じていたからである。しかし、本作でやっと痒みが取れた(笑)。

37年前に生んだ子供を14歳という年齢故に養子に出されたアネット・ベニングは、母への憎しみと後悔に苛まれながら、老いた母親を介護している。職場で知り合った男性ジミー・スミッツと打ち解けて結ばれた彼女は、老母が死んだことで過去と向き合うことを決心する。
 他方、37歳の有能女性弁護士ナオミ・ワッツは自分の出自ゆえに男性とは冷静な肉体関係だけを続けて来たが、避妊処理にも拘らず上司サミュエル・L・ジャクスンの子を孕み、無理な出産が祟って出産後死んでしまう。子供は教会に預けられる。
 子供が出来ない黒人女性ケリー・ワシントンは四苦八苦して或る子供を養子に貰う事にするが直前で頓挫、教会の采配でナオミの女児を養子にすることができる。アネットは彼女が生前残した手紙を発見した教会から連絡を受け、養女に遭いに行き、写真に残された娘の面影を見出して満足する。

出だしはいつものように群像劇のようでありながら、最終的には一つの生命が半ば必然的に半ば奇跡的に結び付ける三人の女性の母としての思い、子としての思いを綴って母と子の絆に静かに収斂していく女性ドラマで、観照的に描きながらも幕切れに自然と胸が熱くなるのを覚える。僕は昨年母を失くしただけになおさらじーんとさせられたのかもしれない。

ガルシアさん、お手柄でした。

"映画評「愛する人」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント