映画評「キック・アス」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督マシュー・ヴォーン
ネタバレあり

近年大量に作られ過ぎてヒーローものにはゲップが出そうな感じになっている。本作などアングルが面白くて楽しめる出来映えになっているとは言え、だからこそTVではなく映画では1970年代から90年代にかけてのようにたまに作られる方が有難さも手伝ってぐっと高い評価を出しやすいのですがね。

デイヴ(アーロン・ジョンスン)は運動が苦手なのにスーパーヒーローに憧れて、通販で買ったコスチュームを着て町に繰り出しチンピラたちをやっつけようとするが、案の定泥棒にあっさり刺されその後自動車に轢かれて病院行き。が、そこで全身を金属で補強された為に前よりましになって“キック・アス”として再度繰り出し、その奮闘ぶりがYouTubeで広められ一躍人気者になる。彼に憧れて“レッド・ミスト”なるヒーローも現われるが、その正体は大物マフィアのダミーコ(マーク・ストロング)の息子クリス(クリストファー・ミンツ・ブラッセ)。

この二人が手を組んで町をパトロールしている間に子分を殺されるなどして怒り心頭のダミーコは“キック・アス”のせいと勘違いして殺そうとするが、一連の事件を起こした本格的な自警団ヒーローは実は元刑事のビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)と11歳の娘“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)で、ことの真相を知った大ボスは“キック・アス”と彼から辿りついた“ビッグ・ダディ”を捕えて公開処刑しようとする。危うく難を逃れた“ヒット・ガール”は救出に現われるものの結局死んでしまった父親の復讐を開始する。

タイトルに反して実質的な主人公はこの“ヒット・ガール”ことミンディで、“キック・アス”はダミーコや自警団父娘を話に登場させる狂言回しの役目を負っていると見なして良いようで、その割に登場している時間が長く構成上のバランスが悪いと言うべきなのかもしれない。殿さまに化けたうっかり八兵衛ばかりが出て水戸黄門がなかなか出て来ないようなものでござる。

しかし、そう杓子定規に判断しないで、逆に現状のバランスから4人の個性的なヒーローが出てきてなおかつ完全な協力関係にないユニークなヒーローものとして観るのが妥当なのでしょう。SF的な要素が極めて薄いのも珍しい。

アクション的には物凄い銃使いであり運動神経を持っている“ヒット・ガール”の独壇場で、それを11歳の少女が無情の趣きで“悪い奴”を次々となぎ倒すところにひねくれた大人には面白いわけである。僕はそうひねくれてもいないので、少々微妙なところであります。

監督は「スターダスト」「レイヤー・ケーキ」の中堅マシュー・ヴォーン。

"映画評「キック・アス」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント