映画評「抵抗(レジスタンス)」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1956年フランス映画 監督ロベール・ブレッソン
ネタバレあり

僕の記憶するところでは、ロベール・ブレッソンが日本に初めて紹介された脱獄サスペンスの傑作(長編第4作)。

allcinemaで“サスペンス・アクション”と紹介されているが、サスペンスではあるがアクションではない。最近は止めたらしいallcinemaとしての評価も低いことから想像されるように本作に対して冷淡な編者が適当に記したものでしょう。鑑賞するのは30年ぶりくらい。

画像

実話を基にしたお話で、舞台は1943年ナチス・ドイツ占領下のリヨン。そこにある脱出不可能とされる刑務所に収容され、最終的に死刑を宣告されたレジスタンスのフォンテーヌ(フランソワ・ルテリエ)が何とか脱獄しようと、まず安全ピンを手に入れて手錠を外し、スプーンを時間をかけて研磨してナイフの代わりにして羽目板を外す作業に取り掛かる。枕や衣料を解いて綱を作り、やがて新たに同室となった敵かもしれない少年と共に夜陰に乗じてプラン実行に移す。

敢えてジャンルを細かく言えば心理サスペンスだが、寧ろ囚人のきめ細かい作業と心理をつぶさにかつ頗る簡潔に見つめたドラマというのが本当であろう。アップが多い為に生れる緊張感は 他になかなか類を見ず、観客たる我々がそこに身を置いているような錯覚を覚える。

画像

ナチスの監視する刑務所という特殊な事情故に極めて台詞が少ないこと、大半が事実上の独房にいることにより人と人とのリアクションが皆無に近いことにより心理を語る為にナレーション(ヴォイスオーヴァー)が必然的に多かれ少なかれ必要となるわけであるが、この作品がここまで簡潔になったのは大量のナレーションのおかげではない。ナレーションを使っていないブレッソンの他の作品も映画史上稀に観る簡潔さにより構成されて我々を感銘させていることからもそれは明らか。

本作が内心の声という形でナレーションを多用したのは、手記の映画化という事情にもよるが、映画芸術的には、刑務所の外で聞える銃声その他の音との対照(コントラスト)として置かれているにほかならない。内なる声があって初めて銃声が本質的な恐怖を生み、外に走る列車の音が希望を生むのである。

僕も最近のアメリカ映画のナレーションには嫌になることが多いが、本作のそれを不快に感じるとしたら恐らくナレーションを使うこと自体に偏見を抱いているに違いない。

題名を「ていこう」と読むか「レジスタンス」に読むか、それが問題。とりあえず「レジスタンス」にしました。

"映画評「抵抗(レジスタンス)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント