映画評「プレデターズ」

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督ニムロッド・アンタル
ネタバレあり

世評に反してさほど面白いと思わなかったSFアクション「プレデター」がこんな形で今世紀まで続くイレギュラーなシリーズになったのは「エイリアン」様々ということになる。

エイドリアン・ブロディ、ダニー・トレホ、日本人ヤクザのルーイ・オザワ・チャンチェン、紅一点アリシー・ブラガ等々何らかの武器を携帯した強面の連中がどことも解らないジャングルに連れて来られる。途中で彼らがいるのが、保護色化(事実上の透明化)する能力のあるプレデターの住む惑星であることが判り、さらに彼らは戦いの分野で一流と目される自分たちが狩りの獲物になっていることに気付く。

というお話は、極めて非映画的で僕は余り感心しない。狩りをするのが地球人ならともかくエイリアンでは、“映画は人間を描く”という劇映画の原則を満たしているとは言いかねる。実際には狩られるのが人間だからそこに十分映画的になる余地はあるが、プレデターが襲う理由が狩りという遊びではゲームならともかく劇映画では弱い。

内実はシチュエーション・スリラーのヴァリエーション。ジャングルは閉所ではないものの、周囲をプレデターに囲まれている以上大差はない。こんな特技を持った相手に勝負するという発想がそもそも面白くないが、脚本家もそこは多少知恵を絞って、プレデターにも敵味方に分れる二種類があり、その間隙を付くことで人間側にも多少勝ち目がある寸法にしてござる。
 尤もどちらかが人間側に付くわけではないので一気に形勢が良くなるわけではないし、観客にはどちらがどちらか解らず(但し、解っても大して意味がない)、残念ながらこのアイデアで面白さは大して増さない。前半のうちにどのくらいの敵がいるのか明らかにされないのも作劇として弱体。能力の割にプレデターが弱すぎる気もする。

もう一つ気に入らないのは、特に後半暗い場面が多いこと。確かに映画は映画館で観るものだが、それにしても昼間TVで観ていると何が何だか解らない場面が多いのには困った。この類の作品はそれが相場というか変な常識になっているので益々困る。

"映画評「プレデターズ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント