映画評「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督マーティン・スコセッシ
ネタバレあり

伝記ドキュメンタリー「ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム」を作った実績のある音楽好きマーティン・スコセッシがローリング・ストーンズの2006年のステージ模様を収めた“記録映画”である。本来同じ意味だが、主観の入りようのないタイプはドキュメンタリーというより記録映画といった方が気分が出る。

ビートルズに比べると僕の彼らへの興味は限定的だが、それでも1989年発表の「スティール・ホイールズ」までのアルバムはレコード、CD、テープのいずれかの形で聴いているので本作で紹介される曲は大体知っている。やはり知らないより知っていた方がこの手の作品は楽しめる。
 代表的なところで、「悪魔を憐れむ歌」「サティスファクション」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「サム・ガールズ」「スタート・ミー・アップ」「ブラウン・シュガー」「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」など。最後の曲がマリアンヌ・フェイスフルに提供されたことは有名。

また、タイトルになっているShine a Lightが象徴するように、この2月に買ったローリング・ストーンズのアルバム「メインストリートのならず者」に収められている曲が多い。有名な「ダイスをころがせ」Tumbling DiceやRocks OffやLoving Copなど。

Allcinemaにスコセッシは何を演出したのかという問いがあるが、言うまでもなく、撮影と編集である。とんでもないアングルのダイナミックなカメラワークは凡百のカメラマンでは生み出せない。

と言う一方で、この作品には明確なモチーフがある。彼らが60の坂を超えてバリバリにロックを続けている事実だ。だから、挿入される幾つもの古いインタビューの内容は「いつまでやるか」にほぼ限られ、それを基調に作品が構成されている。
 僕らにしてもどうも彼らの年齢と物凄いエネルギーに興味が行く。関心と感心ですな。あれだけ激しいパフォーマンスを見せるジャガーが若い時と殆ど変らない体型なのは不思議ではないが、ドラマーのチャーリー・ワッツにしてもきちんと管理された体型をしている。キース・リチャードとロン・ウッドのギタリスト二人は痩せ型なのでさすがに顔の皺が深い。

そのリチャードがどちらが上手いかと問われて「二人とも下手だが、二人でやれば無敵だ」と答えて言うコメントはさすがにロッカーでござる。

1991年にビル・ワイマンが抜けて現在正式メンバーのベース・ギタリストがいないのがストーンズの弱点かもしれないが、黒人のダリル・ジョーンズがずっとサポートで務めていて、本作でもきちんと紹介されている。

ストーンズのファンなら文句なく、一般の洋楽ファンではかなり、ただの映画ファンでも多少は楽しめる、と思います。

映画評と書きましたが、ちと・・・

"映画評「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント