映画評「わたし出すわ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・森田芳光
ネタバレあり

「(ハル)」を最後にオリジナル脚本から離れた森田芳光は原作の映画化やリメイクを続けて甚だ評判が悪い。僕自身は「椿三十郎」以外はクリーン・ヒットと言わないまでもポテン・ヒットくらいの当りは続けていると思っているが、どちらにしても評判が悪いなら独自の空気を自在に醸成できる本作のような自身の脚本作の方が良いのではあるまいか。

病院に昏睡状態になっている母親を見舞う為に東京から北海道に一時的に帰郷したヒロイン小雪が高校時代の旧友たちに会い、奇妙なことをし始める。世界の市電を観てみたがっている市電運転士・井坂俊哉にその費用を、足に不具合を抱えた長距離ランナーの山中崇には手術費用を、魚の生態を研究する小澤征悦には研究を費用を、小池栄子には旦那(ピエール瀧)の箱庭協会会長になる為の費用を出し、実業家の夫に死なれて急にお金に困り水商売に戻った黒谷友香には金の延べ棒を渡すのである。

お金の出所や動機など詳細は一切不明なのだが、台詞などから彼女はどうも優秀な株式トレーダーらしく、資金提供は高校時代に彼女に気を遣ってくれた友人たちへのお返しのつもりのようである。
 いくら親友でも見返りもなしに大金を渡すなんてことは現実にはまずあり得ないものの、一種の寓話と理解すれば疑問を提示するには及ばない。それは善行を積んだヒロインにご褒美のように僥倖が舞い降りるという幕切れを観ればよく理解できる。そして、そもそも彼女が株を始めたのが母親の入院費用の捻出の為ではないかという思えて来る筋運びになり、お話は何とか収束したように見える。

寓話的な一方で、お金を巡るそれぞれの反応に現実的な面もチラホラと織り込み、それらが不思議なバランスで進行、理屈一辺倒で観なければなかなか面白く観られるはずである。挿入される文字による台詞の使い方も後で「そういうことか」と思わせる仕組みになっていてなかなか上手い。

今時の映画に珍しく固定ショットで通し、時々ダッチ・アングル(斜めのショット)も織り込んだ画面は魅力的。良い映画とまでは言えないかもしれないがちょっと捨てがたい。

“わたしだしたわ”なら回文になります。

"映画評「わたし出すわ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント