映画評「縞模様のパジャマの少年」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・ハーマン
ネタバレあり

アイルランドの小説家ジョン・ボインの同名小説をイギリスのマーク・ハーマンが映画化した戦時ドラマである。

画像

第二次大戦たけなわの頃、ドイツ将校の父親デーヴィッド・シューリスがユダヤ人収容所の所長に出世した為にベルリンから地方に越した為に遊び相手となる友人もなく退屈し切っていた8歳の息子エイサ・バターフィールドが農場と思い込んだ収容所に興味を覚えて接近、鉄条網の向うにぽつねんと座っている同い年の少年ジャック・スキャンロンと親しくなるが、やがてユダヤ少年の父親が忽然といなくなる(皆様、理由はお解りですよね)。
 友情の為に父親捜しの協力を買って出たエイサ少年は鉄条網の下の土を掘り縞模様の服と帽子を来て敷地内に入り、予想通りのというか予想もつかないというか衝撃的な幕切れを迎える。

画像

少年の純粋無垢が引き起こす悲劇というのが一般的な物語の解釈であろうが、この少年の父親たる所長が痛恨の表情を見せる終幕を見ると、それ以上にある種の寓意性を感じさせられてしまう。
 僕が感じるのは、作者が意図したか否かはともかく、ユダヤ人が受けなければならなかった悲劇はドイツ少年が巻き込まれていく運命の歯車のずれと同じくらいちょっとした歯車のずれ――歴史のダイナミズムという名の、或いは時代の陥穽か――であって、この時代横暴を極めたアーリア系と称するドイツ人が逆の立場にならなかったかと誰が言えようかという寓意である。
 その心を分析すれば、“分別”を持ったが故に自己・自民族の保守・保身に凝り固まり他人や他の民族のことを考えられない人間の性とも言うべき愚かさに行きつく。かくして人類なる存在にゾッとしないではいられなくなる幕切れと言っても良いだろう。

画像

所長の表情は教えなかったことの悔悟をも表している。彼にしても収容所で行われていることが子供には教えられない、罪悪に等しいことと知っているはずである。それを考えれば、彼や若い将校の厳しい態度は寧ろその葛藤の顕れではあるまいか?

映画本体について言えば、マーク・ハーマンの進行ぶりはイギリスの監督らしく折り目正しく見やすい。また、ドイツ少年役のエイサ・バターフィールド君の大きな瞳は正に無垢そのもので大変印象的。キャスティングのお手柄と言うべし。

日本も現在色々とややこしい問題に巻き込まれていますね。ああ面倒臭い。

"映画評「縞模様のパジャマの少年」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント