映画評「人生は、奇跡の詩」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年イタリア映画 監督ロベルト・べニーニ
重要なネタバレあり。未鑑賞者の方は自己責任でお読みください。

今日は、ブログ6年目の第一日目ということになります。今後ともご贔屓の程お願い申し上げます。

ロベルト・べニーニの監督・主演作品としては日本でも大いに話題になった「ライフ・イズ・ビューティフル」と共通点が多いヒューマン・コメディー。邦題も配給会社が旧作を強く意識して付けたと考えられる。

詩人ベニーニが連日その結婚式の場面を夢に見るほど憧れている女流伝記作家ニコレッタ・ブラスキが、取材対象としているイラク人詩人ジャン・レノと同行したイラクで爆撃で重傷を負って昏睡状態に陥る。
 それを知らされた彼はイラク行きの民間便が利用できない為に援助隊にうまく紛れ込んでバグダッドに到着するが、彼女が眠っている病院には碌な設備がなく医薬品も決定的に不足していることを知り、殆ど無の状態から薬を作ってみたり、バイクとラクダに乗って近くまでやって来た赤十字と接触して薬剤等を大量に持ち帰ったり東奔西走、遂に奇跡が起きて彼女は覚醒する。

主人公のどんな苦難にも諦めない態度と涙ぐましい努力に胸が熱くなりなかなか感動させられるが、映画的に断然素晴らしいのは、イタリアに戻った彼が娘たちと暮している“前妻”に逢いに行く最後のシークエンスである。“前妻”とは即ちニコレッタで、イラクで名も知らぬ天才医師に助けられたと信じていた彼女が彼が首に下げていたネックレスにより救命に奔走してくれたのが前夫であると気付く、というところが上手い。
 我々にしてもここに至って初めて実は彼が追いかけではなく、妻に未練を持っている夫であることを知らされ、その思いにじーんとさせられることになる。二人の関係を意図的に隠した作劇が増幅させる感銘と言うべし。

製作当時50歳のベニーニが主人公に扮した前作「ピノッキオ」にはさすがに首を傾げさせられたが、本作はイラク戦争を巡る風刺をまぶしたお笑いを含め好調。

邦題は「ライフ・イズ・ミラクル」としたかったけれどこの題名の作品が前年公開されたばかりだったので日本語にした、といったところでしょう。

"映画評「人生は、奇跡の詩」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント