映画評「あの胸にもういちど」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1968年イギリス=フランス映画 監督ジャック・カーディフ
ネタバレあり

日本初公開時はアラン・ドロン人気に頼るものだったはずだが、今となっては出番の少ないドロンよりマリアンヌ・フェイスフルのセクシーぶりを楽しむに尽きる。彼女が下着を付けずに黒いレザースーツを着るのが話題(アメリカではそこからタイトルNaked Under Leatherが付けられている)で、「ルパン三世」の峰不二子は彼女をモデルにしたという説は、原作のコミックがこの映画より古いので明らかな流言である。しかるに、下記の画像がこの作品の公開より3年後に始まったアニメ第一シリーズのエンディングの絵を思い出させる(?)ように、アニメ版については多分に影響を与えた可能性が高い。

画像

新婚の人妻マリアンヌが朝まだきハーレー1200に乗ってアルザスから結婚前から懇ろだった愛人の大学教授ドロンに逢いにドイツに向う。その途上バイクに乗っている間や休んでいる間に彼女の脳裏を横切る回想や想像の場面が次々と展開していき、優柔不断な夫ロジャー・マットンと強引なところのあるプレイボーイのドロンとの間で揺れ動くヒロインの心境が綴られる、という図式でござる。

アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの原作はあるいは多少文学的なものかもしれないが、本作においては――アメリカにおけるソフトポルノ扱いはひどすぎるにしても――彼女の心境はどうもお飾り程度。

画像

しかし、監督をしたジャック・カーディフは元来優秀な撮影監督(本作でも兼任)なので、お話はともかく、画面はサイケな処理を加えたり、アングルをいろいろ変えた撮影を駆使して見応えがあるし、エロティックな場面を含めてムードは捨てがたい。オートバイの疾走場面に爽快さがある一方で、ヒロインの恍惚の表情には麻薬的な匂いが漂う、といった具合にカルト的にはなかなか楽しめる。

およそ40年後「やわらかい手」のマリアンヌは無軌道だった青春時代の不摂生がたたって見るも無残な体形に変わり果てたものの、波乱万丈の人生を糧にして見事な演技を披露して強い印象を残した。

画像

以下は本作に直接関係のない余談。

本作を再鑑賞(多分三度目)して思い出したのが30年ほど前に観た題名すら憶えていないドラマ(ソフトポルノ?)。観始めた映画は最後まで観ることを信条としている僕が生涯に唯一最後まで観ることができなかった大愚作で、お話の構成が似ているのである。製作年度が解らないので何とも言えないが、本作の影響下に作られた可能性が無くもない。
 かの作品は主人公が故障した車を押している最中に過去の睦みごとを思い出すという形式で進行。それは良いとして、殆どが車を押しているという見栄えのしない場面の連続でげんなりしているところにたまに入るベッドシーンがエロ気不足、観るべきところが一秒たりともなかった。


ハーレーばかりがバイクじゃない。彼女が練習に使っていたドロン氏のバイクは英国のノートンでした。

"映画評「あの胸にもういちど」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント