映画評「ダーティハリー2」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1973年アメリカ映画 監督テッド・ポスト
ネタバレあり

ダーティハリー」第1作は僕が最も愛する刑事映画だが、このシリーズ第2作は初鑑賞以来ご無沙汰なので、大いに食指が動かされた。

画像

殺人容疑で訴えられた労働組合を牛耳っているギャングが無罪放免になって自動車で移動中白バイの警官に子分共々射殺されるのを手始めに、自宅のプールでパーティを開いていたマフィアのボス、売春婦のヒモや麻薬組織の親玉が次々と殺される。一番最後の犯行ではベテラン警官も捜査撹乱の為に殺される。

画像

一連の犯人が白バイの警官というところまでは解るものの、観客にも正体は解らない。そこでここからは半ば倒叙ミステリーの趣向となって、殺人課に復帰した刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)が犯人探しを開始、使っている銃の種類から物凄い射撃の腕を持つ交通係の警官デーヴィッド・ソウルがどうも怪しいと睨み、警察の射撃試験場に残された彼の銃弾を拾い出して鑑定する。
 この捜査模様がなかなか面白いが、ハリーの追及を待つまでもなくソウルをリーダーとする白バイ四人組が正体を現して自警団の仲間になれと要求、それをはねつけたハリーは彼らと造船所で対決することになる。

画像

娯楽作品における自警は御定法で裁けない巨大な相手を民間人が密かにやっつけるというパターンが多いが、自らの命を張って逮捕した悪党がむざむざと無罪放免にされることに業を煮やした警官たちがそうした悪人どもを倒していくところに本作の面白味がある。しかも、その彼らを英雄視せずに、悪法だろうが何だろうが全ての犯罪は現行法で裁かれねばならないという立場を取っているのが益々興味深い。

画像

しかし、本作の真の価値はそんなところではなく、数多い見せ場をじっくりと見せたことである。その為に序盤から中盤にかけて売春婦とヒモを延々と描いたシークェンスなどジョン・ミリアスとマイケル・チミノの脚本に無駄な部分があってまだるっこさが否め切れないとは言え、続編としては稀に見る快作と言うべし。

監督さん、ドン・シーゲルのポスト(後)はつらかったでしょう。

"映画評「ダーティハリー2」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント