映画評「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1984年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

スティーヴン・スピルバーグの監督作品では「激突!」と「E・T」を高く評価しているが、「インディ・ジョーンズ」シリーズも断然優秀。特に第2作である本作は連続活劇的なアクション映画として非常に完成度が高く、恐らくマニアックな方が推すであろう第一作の「レイダース/失われた聖櫃」ではなく本作をシリーズNo.1として推したい。

画像

時は1935年。最初の舞台は上海のナイトクラブで、ケイト・キャプショーの歌う「エニシング・ゴーズ」に乗って1930年代のレヴュー映画かと紛うほど素晴らしいレヴューが繰り広げられ、ミュージカル映画ファンでもある僕をご機嫌にさせてくれる。このままミュージカルとして暫く続いても全く問題ないレベルなり。

ここで清朝の開祖であるヌルハチの遺骨を巡って取引中に相手から毒を盛られたインディアナ・ジョーンズ博士(ハリスン・フォード)が、乱闘の末にやっと解毒剤を手に入れ飛行機で脱出して安心するのも束の間、これが一味の飛行機だった為に睡眠中にパイロットが消え大慌て、一緒に連れてきた歌姫ケイトと便利に使っている中国人少年キー・ホイ・クアンと共に救命ボートを落下傘代りにしてヒマラヤの麓に軟着陸する。

画像

最初からハラハラどきどきの連続だが、この時援助の手を差し伸べた村の長老の言い分に従って、略奪された宝石と子供たちを取り返す為に邪教の司祭が牛耳っている宮殿に乗り込む。かくして、宮殿の下にある鉱山を舞台に数々のピンチを潜り抜ける大アクションが切れ目なく繰り広げられる。

基本は1910~20年代の連続活劇の復活。宮殿での場面が1939年に作られた冒険映画「ガンガ・ディン」からの影響を多分に感じさせるのもスピルバーグの映画マニアぶりに嬉しくなるが、一般客にはそんな大昔のことは関係ないのでこの辺に留めましょう。

画像

剣山状態の天井が下りて来るサスペンス、トロッコやつり橋を使ったサスペンスフルな大アクションなど、とにかく宮殿に入ってからは息を付く間もなくヒヤヒヤの連続。
 19年ぶりの第4作「クリスタル・スカルの王国」でも述べたように、スピルバーグの場面の繋ぎや映画文法即ちカット割りはいつも通りに適切無比で、自ずと楽しめるようになっていることに映画ファンなら注目しておきたい。ストーリーは劇映画の成否において大体6割を占めるのではないかと思っているが、そのストーリーの面白さを支えるのが的確なカット割りや場面の繋ぎであることを忘れてはいけない一方で、ストーリーの面白さ(つまらなさ)だけを以って監督の有能・無能を決めつけるのは全く見識がない、ということである。脚本を担当していない場合はなおさら。

画像

閑話休題。
 冒険映画では女性は足手まといとお色気の為に配置されるのが定石で、本作も基本はそこにあるものの、いつも足手まといでイライラさせる代わりにそれなりに活躍するのが有難く、コメディリリーフの大半を担っているのが嬉しい。今思えば、本作は典型的なスクリューボール・コメディーでもありました。

因みに、<消える魔球>は出て来ない。

"映画評「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント