映画評「告発のとき」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督ポール・ハギス
ネタバレあり

大評判だったポール・ハギスの「クラッシュ」は過大評価をされてはいまいかと思う僕には、彼の作品としては時系列操作に頼らずに作った本作の方が手応えがあるくらい。

画像

元軍警察のトミー・リー・ジョーンズがイラクから帰還したばかりの息子ジョナサン・タッカーが無許可離隊したと聞いて、「信じられぬ」と捜し始める。やがて息子はバラバラ焼死体で発見され、発見場所が軍所有地につき一度は退いた地元警察の美人刑事シャーリーズ・セロンが、犯行現場が一般の土地と判明した為再び捜査に乗り出し男性社会の中で孤軍奮闘するも、軍の協力が得られず兵士からの事情聴取がままならない。優秀な捜査官だったジョーンズが軍人たちの立ち寄るストリップバーで得た情報を元に彼女が捜査を進めて真相に接近する一方で、ジョーンズは残された映像や写真から、派兵後から殺害に至るまでの息子の心理を把握し、絶望に陥る。

画像

お話の進め方はハードボイルド小説に則っているような感じで、ミステリーとしても楽しめるように作られているが、勿論ハギスの狙いは単なる謎解きではなく、謎の解明を通して浮き彫りにされるイラクに派兵された米国兵の悲惨な現状をテーマの一環として示すことである。もう少し具体的に言えば、軍規を守ることがイラク人の悲劇に直結し、その現実から逃避する為に兵士たちは奇行に走る。加害者も一つ間違えば被害者になるような神経衰弱の渦の中にある、というのである。

画像

しかし、ハギスは帰還兵に留まらず、そうした重い後遺症が実はアメリカ社会全体に及んでいて、アメリカは今助けを求めている、と主張する。それを端的に示すのがジョーンズが星条旗を逆さにして掲揚(国家的SOSの意味)する幕切れ・・・というわけで、謎解きが進むほど過去に遡るという展開ではあるが、「クラッシュ」と比べれば実にシンプルな構成でありながら、アメリカという国の現状を憂えた内容は実に重い。

タイトルは「憂国のとき」の間違いでしょ。

"映画評「告発のとき」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント