映画評「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

近年スティーヴン・スピルバーグの不幸は「解り易い娯楽作を提供する監督だ」という理解に基づく過小評価である。「A・I」も「宇宙戦争」も見た目以上に複雑で深遠な要素を内包した秀作若しくは佳作であったが、お話の表面的理解に留まった為にその一端にすら触れずに駄作扱いされ「スピルバーグ衰えたり」の声を聞くのは残念でならない。
 それ以上に、映画を評価する上で一番大事な語り手としての天賦の才能がその為に無視さえされることが残念だ。本作も悪い評判が微かに聞えてきたが、カット割りなどの才能はそう簡単に衰えるものではなく、見通しの良い展開やスムーズな編集はさすがと感心させられる。

画像

お話は前作から19年後(製作が19年後なので)の1957年冷戦時代、ソ連の諜報員ケイト・ブランシェットに脅されて、インディ・ジョーンズ(ハリスン・フォード)が彼女率いる部隊を10年前発見された謎の物体を納めた箱のある場所へ案内するところから始まり、そこから辛うじて逃げ出した先は核実験の現場、鉛で覆われた冷蔵庫に隠れて辛うじて難を逃れると、今度はFBIから共産主義者扱いをされ、休職の身へ。そんな時突然現れた若者シャイア・ラブーフから旧友である博士ジョン・ハートの拉致を告げられた為、二人は博士が連れ去られたらしい南米ベルーはクスコに飛び、再びケイトの一味と遭遇。
 彼女はハート博士が発見したクリスタル・スカル(水晶の頭蓋骨)は手に入れたものの、博士は頭がいかれて役に立たない為ジョーンズの力を借りて、そのパワーを発揮させようとする。

画像

というのが大まかなストーリーだが、僕が興味を引かれたのはまずこれらのお話が全て現実に起きた事件、若しくは存在するものから現実社会のパロディーとして着想され構成されている点である。ネバダの核実験場、50年代の赤狩り、47年のロズウェル事件、ナスカの地上絵、オーパーツとして有名な水晶のどくろ、宇宙人の人類への英知伝授説、等々を全ていっしょくたにしてスピルバーグのSF旧作と結びつけたくなる幕切れへと雪崩れ込んでいく。
 馬鹿馬鹿しいと言ってしまえばそれまでだが、オーパーツなどに興味のある僕はなかなか上手い具合に各々を結びつけたものだと結構ニコニコだった。

画像

旧作時代から「ガンガ・ディン」などへのオマージュを頻繁に行って映画マニアぶりを発揮していたスピルバーグだけに、勿論古い映画へのオマージュも満載。解り易いところだけでも、エロール・フリンばりのちゃんばらシーンが出てきたり、「ターザン」があったり、人食い蟻のシークェンスでは「黒い絨毯」もどきがあったり、ラブーフの登場場面が「乱暴者(あばれもの)」のマーロン・ブランドーそっくりに仕立ててあったり、見ていて嬉しくなる箇所が少なくない。

冒頭の文章の繰り返しになるが、スピルバーグは一連の連続活劇風アクション場面においてカメラワークや編集を自家薬籠中の物のように扱っている。こういう場面処理の的確さでは現在活躍している他の有名監督の追従を許さないし、ましてCM・PV・製作者上がりではとても真似ができない。

画像

ハリスン・フォードの動きも2年前の「ファイヤーウォール」よりはよろしく、思ったより安心して見ていられる。

といった次第で、旧作群には大分及ばないが、ここ数カ月の間に観た冒険映画の中では唯一本当のプロによる作品という印象がある。

スカルの(スカルノ)王国と言っても、インドネシアの話じゃない。

"映画評「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント