映画評「4ケ月、3週と2日」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2007年ルーマニア映画 監督クリスチアン・ムンジウ
ネタバレあり

2007年度カンヌ映画祭のパルム・ドール(最高賞)を受賞した作品。ある時期以降のカンヌは作家主義を偏重する余り実際にはかなり独善的な作品が受賞することが多くなっているので、本作はそうした大賞にふさわしい手応えのある久しぶりの秀作と言える気がする。手法的にはいかにもカンヌ向きだが。

画像

1987年のルーマニア某所、学生寮のルームメイトらしい女子大生二人が何やら旅行に出るような準備をしている。そのうちの一人アナマリア・マリンカが恋人アレクサンドル・ポトチェアンから幾ばくかの金銭を借り、他方のローラ・ヴァシリウが電話で予約したはずのホテルに赴くが予約の記録がなくて門前払い。仕方なく別のホテルに部屋を取る。正体不明の中年男ヴラド・イヴァノフと逢ってホテルに引き返し、かくして三人はホテルの一室に顔を揃える。

ここまで観客は彼らが一体何をする気なのか皆目見当が付かず、僕はチャウシェスク政権末期の87年が舞台なのでキナ臭い方向に向かうのかと思わないでもなかったが、やがてこの男性が闇の中絶医と判って来る。
 まず、(ここまで)大した事件もないのに退屈させない監督クリスチアン・ムンジウの手腕に感心させられる。しかも冗長になりがちなワンシーン・ワンカット手法にも拘わらず・・・だ。この手の作品にありがちな【表現の前に手法ありき】ではなく、【表現の為の手法】ということが正しく実施出来た結果と言えようかと思う。即ち、長回しから冗長さではなく緊張感若しくは臨場感を上手く引き出せているのである。

画像

より具体的に言えば、彼女たちが何をしようとしているのかすぐに種明かしをしないネタ伏せ作戦の妙、そしてホテルで種明かしがされた後妊娠5か月にならんというローラ嬢の甘ったれた考えに振り回されるアナマリアに感情移入させていくタイミングの的確さにうならされる。

本編を見ただけでは些か解り難いのは、当時のルーマニアにおいて堕胎は国策により重罪であったという事実。宗教的理由であろうと国策であろうとどちらでも構わないではないかと言われればそれまでだが、密告社会のルーマニアと言えども彼女らがあれほど周囲に気を配る様子がなるほどと納得できるのは資料に当たってからということになり、その辺りは少し弱い。
 いずれにせよ、ルームメイトの自分勝手さ故に痛い目に遭わせられたし、術後のことが気にかかるし・・・と恋人の母親の誕生会に請われて出席したものの落ち着かず、加えて年長者の前で喫煙したことを非難されもするヒロインの重苦しい心理が長回しの場面場面から痛いように伝わってくる。

画像

水子の始末もアナマリアの仕事で、戻ってきたらローラ嬢は呑気に食事などしている。ヒロインにしてみれば呆れたお嬢様ではあるが、この作品は彼女らの危険な冒険を通して、どの国でも変わらない普遍的な人間関係の緊張を見せようとしているのだ。
 しかし、観客においてはそこに留まらず、しばしば出てくるIDカードや外国製煙草(賄賂に使われる)といった要素から、底流にある独裁社会主義国家の暗黒と庶民の自由への希求を感じ取っておく必要があるだろう。

アナマリア・マリンカ嬢好演。

"映画評「4ケ月、3週と2日」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント