映画評「八月の狂詩曲(ラプソディー)」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1991年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明第29作はテーマ的に第15作「生きものの記録」の作り直しと言って良い。

画像

8月、長崎市から少し離れた山村に住む80歳くらいの老女・鉦(かね=村瀬幸子)に預けられた4人の孫たち(吉岡秀隆、大寶智子、伊崎允則、鈴木美恵)は長崎市の原爆資料館や被爆の痕跡の残る場所を訪れて言葉を失う。戦争の悲惨な現実に触れたような気がし、祖父を原爆で失ってもきちんと人生を歩んできた祖母への尊敬の念が湧き上がる。彼らがこの山奥に来たのは、彼らの父であり母である老女の息子(井川比佐志)と娘(根岸季衣)が70年前にハワイに渡った後大成功し、現在病気で寝込んでいると判明した祖母の兄を見舞っているからである。

画像

やがて、アメリカを離れた親達とすれ違いに子供たちが出した手紙から祖父の死の原因を知ってハーフ青年(リチャード・ギア)が村にやって来る。大富豪になった伯父の恩恵にあやかろうとした両親二組は「縁を切りに来るのだろう」とくさるが、実は謝りに来ただけと判明する。ハーフ青年は鉦とすっかり意気投合したものの、父親が死んだ為にすぐに帰国、老女は疑って兄を見舞わなかったことを恥じて正気を失う。

駄作というのが世評らしいが、それはかなりの不明ではないかと思う。allcinemaの本作のコメントに珍しくも実に的確な黒澤明論があるのでそちらを読んでもらったほうが手っとり早いのだが、晩年の黒澤御大には変わったところと全く変わっていないところがある。

画像

どういう風に変わったのかと言えば、ムキにならなくなり細工を弄しなくなった。初期・中期の傑作と言われる作品群は強烈強力ではあるがムキになってバランスを欠く部分が相当にある。神格化された為に誰も言わないだけで、「生きる」「野良犬」「酔いどれ天使」「羅生門」等々いずれもその非を免れない。言わば欠点だらけの傑作なのである。
 カラーになってからの御大はムキにならなくなった代わりに概ね観念的になり面白味が薄くなってきたようである。しかし、映画は物語のみにより成り立つわけではないから、面白味が薄いからと言って作品的に駄目ということは容易に言えない。

翻って、変わっていないのは映画の根底に流れるヒューマニズムであり、好きな表現である。本作では唱歌を用いたこと、花や雨の描写などがその顕著な例だろう。

画像

そこで思い出される「生きものの記録」は核を恐れる余りブラジル移住を考えた末に狂気に陥る老人の物語だったが、こちらではハワイ移住した老人の息子の【里帰り】により核への恐れというテーマが往復書簡のように扱われているのが大変興味深い。反戦・反核というテーマを家族描写に立脚して描こうという狙いは全く同じで、子供世代が欲望につき動かされるのも似たようなものである。どちらも雷が原子爆弾をシンボライズしている。
 しかし、「生きものの記録」は強烈な印象を残す一方で利己的な家族の描写を前面に押し出しすぎた為に主題がぼけてしまった感があるので、寧ろ全体の調和という意味では本作の方が優るかもしれない。

思うに、前作「」の製作総指揮をとったスティーヴン・スピルバーグが93年に発表した「シンドラーのリスト」は「天国と地獄」だけではなく本作の影響も受けてはいまいか。実際の被爆者が出てくる場面と同作でアウシュヴィッツからの実際の生還者が登場するラストがどうしても重なって見えてしまうのである。

"映画評「八月の狂詩曲(ラプソディー)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント