映画評「影武者」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1980年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明第26作は武田信玄を中心とした権謀術数を描く戦国絵巻である。若い時御大には<応仁の乱>を映像化するアイデアがあったらしいので、本懐を遂げた形と言って良いのだろう。

画像

元亀四(1573)年、信玄(仲代達矢)が徳川家康の家臣の放った銃弾により負傷、やがて他界する。重臣たちは遺言に従ってその死を三年間隠すことに腐心、本人も長い間影武者を務めた弟・信廉(のぶかど=山崎努)が拾って来た盗人(仲代二役)を影武者に立てる。
 不埒な盗人も信玄の死体がこっそり諏訪湖に沈められるのを見て自覚が出来、三年間の役目を全うしかけるが、荒馬から落下したのが運の尽き、正体を側室(倍賞美津子、桃井かおり)たちに知られて追放される。

雨の中を追放されるシーンが哀れを誘うが、ここから映画は忠臣よろしく武田軍勢を追いかける盗人の視点で描かれるクライマックスを迎える。
 動かざる山・信玄を名実共に失って功を急ぐ実子・勝頼が拙速に動いて織田信長と家康の繰り出す鉄砲隊の前に惨敗する長篠の戦い、これなり。盗人も、人馬が死屍累々と横たわる中を敵兵に近づいて倒される。信玄に対する事実上の殉死である。

画像

信玄の「三年間死を秘匿すること」という遺書に基づき虚実を織り交ぜて描き上げた大スペクタクルで、お馴染みの武将の面々が互いに繰り出す誠に興味尽きない権謀術数のうちに信玄の武将としての大きさが浮かび上がるのとは対照的に、三年間影武者を務めながら尊敬されることもなく放逐される盗人の哀れが戦国時代の残酷をえぐり出す。
 故人と影武者のほうが重要視される現実に勝頼が冷静さを失い、やがて重臣たちの進言に耳を傾けず独断で負け戦に向っていくのも史実と絡み合わせて誠に興味深い。

日本の戦国時代についてさほど詳しくないので精度についてはとやかく言えないが、映画としては短いと言えないもののTVの時代劇に比べて遥かに短い3時間という限定された長さの中で繰り広げられる権謀術数の面白さ、性格描写の面白さは日本の戦国絵巻ものとして他に類がない。それを支えるのは無数のエキストラを擁した戦闘場面の迫力で、大量に盛り込まれる騎馬アクションは実写の手本と言うべし。

画像

ディテイルにも面白いところが多い。

まず、終盤盗人が観る悪夢。彼としては影武者という大役を降りたいので信玄から離れていこうとするが、影だけに信玄が動くとそちらに引き寄せられてしまう。つまり、彼は潜在意識の中で自らのアイデンティティーを失っていることにもがき苦しんでいるのだ。
 或いは、久しぶりに会って「変った」と連発する側室たちをうまく丸め込んだ後影武者が去る場面での影も絶妙に扱われている。彼が去るに連れて影は次第に大きくなり、やがて影だけが残る。意味深長で真意は解りかねるが、彼が真の影武者になったことを示すと理解したら当たらずとも遠からずであろう。

画像

唯一気に入らないのは、影武者が信玄らしく【山のように動かない】ことを要請される夜の合戦模様。夜なので様子が把握しにくい割に些か長すぎはしないだろうか。撮影技術の素晴らしさは別にして、解り難いなあと思ううちに些か退屈感が出てくる。
 中盤敵のスパイたちが薪能を見物する信玄(実は影武者)を見守る場面も冗長に思えるが、ここにはスパイたちが納得する為に必要な長さであることを次第に理解させてしまうだけの強い描写力がある。

配役では、勝新太郎のピンチヒッターとして力演した仲代達矢は本来知的なムードの役者なので、信玄はともかく盗人役は似合わず、必ずしも適材適所とは言いにくい。

木下恵介が甲斐武田氏の隆盛と滅亡を描いた異色時代劇「笛吹川」と併せて観よう。

"映画評「影武者」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント