映画評「バニー・レークは行方不明」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1965年イギリス映画 監督オットー・プレミンジャー
ネタバレあり

40年くらい前にキャロル・リンリーのファンになって以来色々な出演作を観たが、彼女の旧作は意外と見られず、代表作と思しき「マドリードで乾杯」や本作は未鑑賞のままだったので、今回のWOWOWの放映には欣喜雀躍、録画に失敗しないように慎重には慎重を期し、早速ご本体を仰いだ。

画像

アメリカからロンドンにやってきたばかりのキャロルが4歳になる娘バニーを引き取りに預けた保育園に赴くが姿が見えない。用件を済ます為に引っ越し先に戻った後再び探すが結局見つからず、しかも周囲の者は誰もその存在の記憶がなく、やって来た警部ローレンス・オリヴィエも彼女の狂気を疑う。
 ただ一人の味方である兄のケア・デュリアは色々と奔走してくれるが、新しい住居にも娘の存在を示すものがないので彼女の絶望感は増していく。そして、唯一存在証明となる人形を修繕屋に預けたことに気付いた彼女は夜にも拘わらず現場に直行する。

画像

というお話は「バルカン超特急」共々「フライトプラン」のお話の元ネタとなった由だが、21世紀の映画らしくあやふやな主観描写を織り交ぜたことにより土台がふらふらになって失敗作に終ったあの作品よりはずっとしっかり作られている。必要以外の場所で主観ショットを使わないこの時代の映画の強みである。

前半は基本的にミステリーで、大家役のノエル・カワード御大などを交えずにもっとすっきり作って欲しいと思わせるものの、一通りの感興が湧く。しかし、ネタばらしが些か早すぎる。現在の映画ならネタばらしは早い方が良い結果をもたらす場合が多いが、客観描写を信用することができる1960年代の作品ということを考えれば、もう少しぎりぎりのところまでネタを伏せておいた方が楽しめたであろう。

画像

(以下完全ネタばれ、左クリックしたままドラッグすれば読みやすくなります)
ネタというのは妹に寄せる兄の偏愛である。彼は妹を愛する余り狂気に陥って姪を抹殺しようとしたわけで、これが判ってからは映画は完全にサイコ・サスペンスに変わる。
 兄は証拠となる人形を焼き妹を殴って入院させ、その隙に娘を殺してしまおうと考えているのだが、彼女は病院から抜け出して兄が姪殺しの準備をしている家に戻り、娘を連れ出そうとする。そこで観客はこの兄妹が過去にどんな奇妙な生活を送ってきたか知ることになる寸法で、狂気の入った兄はまるで幼児のようになってしまう。二人がかくれんぼやブランコで楽しむ部分は誠に気味が悪い。

しかし、ここで妹も狂気に陥っていると勘違いすべからず。言うまでもなく、周囲や官憲に狂気を疑われるヒロインが実際に異常者だったというお話だとしたらドラマツルギー的に可笑しなものになる。彼女は兄に付き合う為にそんな歪んだ生活を強いられてきただけであり、彼の逮捕によりその地獄から解放されるのである。

そこで疑問になるのが、最後の様子を見ると彼女は兄の異常を熟知していたのであるから、最初に兄を疑わないこと。疑えばお話が成り立たないので仕方がないのだが。


オカピーは無我夢中。

"映画評「バニー・レークは行方不明」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント