映画評「スコルピオ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1973年アメリカ映画 監督マイケル・ウィナー
ネタバレあり

60年代後半面白い作品を連発したマイケル・ウィナーは70年代に入って本数ばかり多くて全く凡庸化した。その時代の典型的な出来栄えのスパイ・サスペンス。

画像

ベテランCIA諜報部員バート・ランカスターが親しい殺し屋アラン・ドロンと共に要人を暗殺するが、ドロンはソ連KGBの二重スパイであるという疑いのあるランカスターを暗殺するというもう一つの指令を果たせない。CIAに麻薬容疑をでっち上げられて脅迫された彼はCIA部員になることを条件に暗殺を引受け、ウィーンに逃亡したランカスターを追うが、結局仕留めることはできない。
 その間に連絡を取った妻にCIAの不手際で死なれてしまったランカスターは復讐の為に帰国、CIAのボスを暗殺する。出国間際に再びCIAに足止めを食らったドロンは遂にランカスターを仕留め、さらに裏切ったことを知らされた恋人ゲイル・ハニカットを無情に射殺する。しかし、その彼も暗殺されてしまう。

画像

などとくどくどお話を述べるまでもないスパイ残酷物語で、国家組織の非情を冷徹なタッチで描き上げている。
 CIAの無情な裏側を明確なアングルで取り上げるという狙いは良しだが、省略が多くて色々解らないところがあり手に汗を握るところまではいかない。ランカスターの二重スパイもでっち上げなのか曖昧なところがあるし、ドロンが最初の指令を果たせない理由となる友情の程度を測る材料がなく、また彼と内通していたゲイルにしても射殺されるほどの罪を犯したかという疑問が残る。何しろランカスターを殺すのはドロンの役目に過ぎず仇敵だったわけではないからだ。

これらの問題は脚本に帰するが、描写に字足らず的な印象があるのはウィナー自身の責任と言わなければならず、70年代のウィナーの仕事ぶりは相当雑という印象をこの作品でも回避できない。従って、もっと観客の心を打っても良い幕切れが空転するのは脚本家と演出家の共同作業である(笑)。

画像

猫を可愛がるドロンは「サムライ」の小鳥の二番煎じ。しかも、あちらの主人公と違って熱々の恋人が居て孤独ではないので彼が猫を可愛がる様子をそれほど描写する必要性がなく、安易にムードに逃げている印象しか残らない。

米仏の人気俳優二人がスタントマンを使わずにきちんとアクションをこなしているのは大変よろしい。特に製作時59歳のランカスターは相当頑張っていて拍手を送りたい程だ。

"映画評「スコルピオ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント