映画評「昼顔」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1967年フランス映画 監督ルイス・ブニュエル
ネタバレあり

ジョゼフ・ケッセルが1929年に発表した有名な同名小説をルイス・ブニュエルが映像化した当時の話題作。映画化までに38年も掛っているのは、より多くの人に触れられる故に映画界の倫理観が文学界よりそれだけ遅れていたことを物語るものであろう。再鑑賞作品。

画像

外科医(ジャン・ソレル)の妻セブリーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は不感症で夫を満足させられないことに罪悪感を覚え、不感症を直す手段となればと時間限定で勤める娼館の女になる。しかし、運の悪いことに、そこの客であるチンピラ、ピエール・クレマンティがぞっこん惚れ込んで自宅まで押し掛け、邪魔となる夫に銃撃する。夫は一命をとりとめたものの全身不随になり、彼女は甲斐甲斐しく世話をする。

本稿ではまず他人のふんどしで相撲を取って、allcinemaの解説とそれに対する投稿者の批判について考えてみることにしよう。
 「若い外科医の妻セブリーヌは、外見は貞淑な女性だったが、内面には激しい情欲が渦巻いていた。淫らな妄想に駆られたあげく、彼女は、昼間だけの娼婦として欲望に身をまかせるようになる」という解説のヒロイン像は間違いであると投稿者M氏は指摘、ほんの短いフラッシュバックから示唆されるのは彼女が少女時代にブルーカラーにいたずらをされ、反キリスト教的になっていること。それが彼女の不感症の原因であり、その解決策が時間限定の娼婦になることである、と続く。

画像

これは正しいと思われる一方で、解説のヒロイン像も不正確ではあるが間違いとは言い切れない。何故なら彼女の不感症は下層階級の人物では起こらず、彼女の脳裏をよぎる、夫から鞭打たれ泥を投げ付けられるマゾヒスティックな幻想が夫に対する罪悪感の反映のみならず、彼女の内部において形成された異常性欲そのものでもあると解釈することを否定しきれないからである。
 マノエル・デ・オリヴェイラは彼女のマゾヒズムを「(夫に対する)サディズムを隠す仮面」と、その後日談を扱った映画「夜顔」で年老いた知人ユッソン(ミシェル・ピッコリ)に言わせているが、その趣旨が僕にはよく理解できる。

つまり、ブニュエルがこの上流婦人の心的屈折をシニカルに見ていることを忘れてはならず、ただ彼女が夫を満足させたいが故に娼婦になったという、理路整然としているがストレートすぎる解釈も面白くないと言わざるを得ない。
 一方、「内面には激しい情欲が渦巻いていた」ことは認められていても、「娼婦として欲望に身をまかせるようになる」という解説の文言は一面しか表現しておらず、余りに舌足らずである。

画像

幻想が多い作品である。既に述べた印象的な被虐シーンが代表的なもので、途中の死体プレイも紛らわしい。彼女が娼婦になった後なので現実と考えたほうが話として繋がりやすいが、いずれにせよ、相手が貴族でありさほど性的なものではないと考えると、ブニュエルの反上流階級の立場等示唆するところが多い。
 幕切れで全身不随になった夫が突然起き上がる。ストレートに考えれば、これは幻想である。しかし、彼女の嗜好を考え併せた時彼の負傷するまでのお話が全て幻想で、立ち上がる彼が現実なのではないかとひねくれて見るのもブニュエル作品だけに面白いような気がする。

カトリーヌ・ドヌーブの美しさが圧巻。

"映画評「昼顔」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント