映画評「僕のピアノコンチェルト」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2006年スイス映画 監督フレディ・M・ムーラー
ネタバレあり

「山の焚火」「最後通告」に続いてスイス人監督フレディ・M・ムーラーを観るのは三本目になるが、最も一般的で見やすい作品である。

画像

6歳の少年ヴィトス(ファリツィオ・ボルサーニ)は知能指数が測れず、買ってもらったばかりのピアノでシューマンを弾きこなす神童。母親(ジュリカ・ジェンキンス)は芸大の教授に学ばせようとするが本人は押し付けられることを嫌う。
 6年後、彼(テオ・ゲオルギュー)は12歳にして高校に通っているが、先生は生意気な態度に手を焼く。そんな彼も自分を特別扱いしない祖父(ブルーノ・ガンツ)の前では心を開くものの、祖父との面会を禁じられると、祖父の作った木製飛行機でマンションから飛び降りて負傷、そのショックで凡人になってしまう。

画像

が、それは演技で、祖父の前では天才ぶりを発揮、金策が必要になった祖父の為にネットトレードで大儲けして株のネット取引仲介会社を設立、祖父の死後、一番の貢献者なのに首になった父親の為に会社をこっそり買い取り、祖父が買ったセスナで教えを請いに伝説のピアニストの許に駆けつける。

画像

6月に観た「神童」同様に天才の孤独が基調となっているが、それを考えられるだけポジティブな方向に持って行き、ある意味唖然とさせる。
 初恋のベビーシッターも占い師もピアニストも、ピアノも祖父の飛行機も父親の会社も、登場した人物・要素は埃一つ残さず完璧に回収されるので、些か調子が良すぎる印象を残すものの、「凡人には解らん世界じゃ」などと僻まずに素直にファンタジーとして観れば、娯楽性たっぷりでかなり楽しめるはずである。

"映画評「僕のピアノコンチェルト」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント