映画評「ボルサリーノ2」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1974年フランス=イタリア=西ドイツ映画 監督ジャック・ドレー
ネタバレあり

前作の幕切れでアラン・ドロン扮するロッコ(ロック)・シフレディの行方は<杳として知れない>となっていたのに、続編が作られた。今回も製作はドロン自身で、監督は再びジャック・ドレー。しかし、ジャン=ポール・ベルモンドが演じたフランソワ・カペラの葬式から始まることに象徴されるように、この続編はスター映画の作風が影をひそめ、終始即実的でフィルム・ノワールらしい重苦しいトーンに支配されている。

画像

ロッコはカペラ暗殺の黒幕がイタリア系のヴォルポーネ兄弟(リカルド・クッチョーラ二役)であると知る。何故か共感を持って接してくれる警察署長(ダニエル・イヴェルネル)からその強敵ぶりを暗に示唆されるがひるまず、まず弟を列車から突き落として殺し、その兄に劇場を爆破されカジノを放火されると、報復の為に単独で殴り込みをかける。
 しかし、格好良いのはそこまでで、敵の落とし穴作戦に文字通り車が嵌って敢えなく囚われの身となり、アルコール漬けにされて町に放り出される。こうした格好悪さはいかにもフランス映画らしく、後で主人公がヴォルポーネ一味と手を組んでいる新しい署長らに同じ手口で報復するのがそこはとなく可笑しい。前作と違って意図的な笑いではなく内面から滲み出る可笑し味である。

画像

さて、一味により精神病院に送り込まれたロッコは忠実な部下(リオネル・ヴィトラン)が用意した棺に入って抜け出し雌伏三年、彼を慕って寄って来る名うてのギャングたちを集めて猛烈な反撃を開始する。

一言で言えば報復合戦に明け暮れるお話で、中盤にちょっと間が抜けたりのんびりしすぎているところがあるのはドレーらしいと言う以上にフランス犯罪映画に共通する持ち味だが、その一方で終盤における猛烈なバイオレンス描写の畳み掛けには「ゴッドファーザー」で沸き起こった空前絶後のマフィア・ブームに影響された部分があるようだ。

画像

酔いどれドロンなど見たくないと仰るドロン・ファンの方は終盤のボルサリーノ帽にストライプのスーツ姿に溜飲を下げてください。断然格好良い伊達男ぶりと言うべし。
 また、第一作に続いて時代風俗の再現が本格的で、特に30年代の自動車が大挙出てくるのは自動車マニアにはたまらないだろう。序盤と終盤に二回出てくる蒸気機関車もクラシックな気分を大いに盛り上げる。

しかし、<続く>と出たのに続編は結局作られなかった。或いはロッコの人生が<続く>という意味だったのだろうか。

Life goes on and on...

"映画評「ボルサリーノ2」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント