映画評「一番美しく」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1944年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明第2作は、恐らく最も国策映画の作られた1944年製作ということもあって国策映画(戦意高揚映画)である。いつ頃そうなったのか定かではないが、戦中作られた映画は、内容を問わずタイトルの前に「撃ちてし止まむ」の文字を入れることになっていた。

画像

舞台は正にその時代、平塚のレンズ工場で、女子挺身隊として全国から集められた少女たちがお国の為に懸命に働いている。増産期間で「男子は倍増、女子は5割増し」の指令が下った時彼女たちは猛反発する。もっと行けるというのである。結局男子の三分の二という数字に落ち着き、隊長の矢口陽子は緩みがちな女子隊員たちの手綱を締め目標達成に突き進む。レンズは照準器として武器に使われ、その成否により戦局も変わりかねない・・・

画像

お話の構成は、国策的な配慮を別にすれば60~70年代のスポーツ根性絡みの青春ドラマと何ら変わらず、或るいはお手本になったと思われる出来栄えである。
 病気で帰郷する者が出てくれば別れを惜しみ一致団結、成績も上がるが、不協和音が生じると成績も落ちてくる。成績の変化は随時挿入される折れ線グラフで示され、協調性を象徴するバレーボールや鼓笛隊の場面と効果的に組み合されている。
 屋根から落ちて怪我をした隊員が戻ってくるのを迎える場面で二組が踏み切りを挟んで相対するショットも青春映画らしく溌剌とした魅力爆発。

画像

ここに描かれている少女たちは当時としても心ある方には恐らく不自然と思われたに違いないほど自身を国に捧げている。そう作らざるを得ないほど検閲が厳しかったのであろう。また、工場の実態はこれほど隊員たちには優しなかったはずだ。
 国を思い両親を思う彼女たちの心は見上げたものだが、忠孝の精神を戦争に利用した当局のおためごかしは頗る醜く、それが露骨に現れる国策映画は大嫌いである。が、のびのびと作られ、国策映画としては珍しく爽やかな後味を残すのは黒澤の才能によるところが大きい。この辺りに彼の反骨精神を感じるのは僕だけではあるまい。

画像

そして、本作は最近では珍しくなくなったセミ・ドキュメンタリーの手法で撮られ、女工を演ずる女優達は実際に寮で生活を共にし、工場で働いたという。彼女たちの喜怒哀楽の表現がリアルなのはその連帯感のたまものということになる。

1年後に黒澤明夫人となった主演の矢口陽子は戦中の薬師丸ひろ子か(笑)。

"映画評「一番美しく」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント