映画評「エコール」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2004年ベルギー=フランス=イギリス映画 監督ルシール・アザリロヴィック
ネタバレあり

サイレント時代の名作「パンドラの箱」の原作戯曲や「春のめざめ」で有名なドイツの劇作家フランク・ウェデキントの短編小説「笑う水」を、フランスの女流映像作家ルシール・アザリロヴィックが映像化した作品だが、映画を余り文学的に観ないことにしている僕には悩ましいことこの上ない。

画像

奥深い森の中にある屋敷で、棺桶に入れられた6歳のアジア系少女イリス(ゾエ・オークレール)が目覚め、丁度日本の小学生全体に相当する年齢の少女たちと共にバレエの訓練を始め、服従することが幸福への道と教えられて過ごし、最年長のビアンカ(ベランジェール・オーブルージュ)を強く思慕するようになる。一方、逃げ出そうとして水死する者や見事脱出する者もいる。

といった中盤までは、ドラキュラを思い出させる棺からの登場場面、半裸で水浴びする少女達の姿や、亡くなった少女を火葬に付す場面、蝶やさなぎについて語る場面の野趣が幻想性を帯びて魅力的。

画像

終盤、ビアンカ等の年長組は観客の前で練習を積んだバレエを披露し、その公演料によりこの閉鎖的な学校もどきが経営されていることが我々映画の観客に知らされ、やがて最年長の少女達は地下鉄で屋敷と繋げられた街(新たな学校?)に解放される。

純粋培養されたさなぎの状態を過ぎ蝶として飛び立つ彼女たちはこの汚れた世界で幸福を掴めるのか、という思いを抱かせる幕切れだが、作者がそうしたテーマをそこに込めたかどうかは定かではない。最初から最後までとにかく情報も説明も少ない作品であるが、極めて異色な寄宿学園ものと言えるとは思う。余りにミステリアスなので怪しげな展開を予感させるものの、案に相違して意図的な性的描写は認められない。

画像

少女を巡る神秘的なお話という点でヴィクトル・エリセの秀作「ミツバチのささやき」を想起させるところがあるが、あちらは内戦時代のスペインという時代性の中に少女の心象風景を溶け込ませた、ある意味捉えやすい作品であった。こちらは良くも悪くも、大量の少女群から発散される独自な匂いと一種官能的なムードが作品を支配しているので、そのムードを楽しめるかどうかにより作品への思いも変わってくるであろう。

不親切な作品と思いつつも、強烈な芳香に捨てがたいものがあり、未だに☆付けに苦しめられている。

室生犀星も女学生の群れを「蝶」と称して描いていましたよ。

"映画評「エコール」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント