映画評「悪夢探偵」

☆☆★(5点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・塚本晋也
ネタバレあり

塚本晋也は「鉄男」以来大体観ているものの、かなり独善的なので実は苦手な監督である。醜さに美を求めるようなスタイルも敬遠したいところで、前作の「ヴィタール」では大分波長が合ってきたが、今回はどうでありましょうか。

<悪夢探偵>と称して他人の悪夢に入って救う商売をしてきた松田龍平が、重態の原田芳雄の夢に入ったのを最後に引退する。人心の醜さに嫌気がさしたのである。
 というのがプロローグだが、彼は暫くお休み。

画像

自分の体を切り刻んで死ぬという事件が二件連続して起き、当初自殺と目されるが、キャリア組から現場へ赴任してきた女刑事hitomiは残された携帯電話から死亡者が最後に連絡をした相手が同一であること、それが<ゼロ>と呼ばれる他人の心と接触できる人物であることを突き止め、事件の特殊性故に今はぼろぼろの生活を送っている松田に協力を依頼する。

ヒロインの刑事とも思えない風采を含めて些か漫画的な設定であるが、夢というまだまだ得体の知れぬ人間の要素への着目は興味深く、話としては面白い部類と言って良い。
 しかし、塚本監督は「鉄男」時代と同じように映像を余りに細かく切り刻んでがちゃがちゃさせるので、目の弱い僕などは疲れてしまう。確かに悪夢的ではありますがね。

画像

その是非は別に置くとして、<悪夢探偵>の活躍ぶりが物足りない。プロローグではそれらしいムードがあるが、刑事・安藤政信の夢の中に入った時は怪物(恐らくは自殺願望の具象)にあっさりとやられてしまうし、hitomiの夢の中では対決する<ゼロ>塚本晋也のほうが目立つくらい。
 <ゼロ>に電話した後眠れば自身を傷つけると解っている状況で安藤がナイフを所持しているのも不可解である。たとえ本人に自覚がなくとも周囲が排除していなければ説得力が薄くなろうというもの。

といった具合に色々と文句はあるものの、人間の持つ暗闇の部分にアプローチしようという狙いが見えるので、娯楽映画的な立場だけで安易に批判するのもつまらないであろう。

映画初主演というhitomiの演技はかなり心もとないが、表情の出し方は台詞回しよりは宜しい。

悪夢に付き物の水中に落ちるシーンも出てきます。

"映画評「悪夢探偵」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント