映画評「ナチョ・リブレ 覆面の神様」

☆☆★(5点/10点満点中)
2006年アメリカ映画 監督ジャレッド・ヘス
ネタバレあり

ロック好きにも拘らず世評ほど感心しなかった「スクール・オブ・ロック」の主演ジャック・ブラックと脚本家マイク・ホワイトのコンビが、フランス映画「グラン・マスクの男」と同じ実話を基にして作り上げたスポーツ・コメディー。但し、脚本は監督もしているジャレッド・ヘスとその細君ジェルーシャ・ヘスとの共同。言わば、「タイガー・マスク」のコメディー版でござる。

画像

育てられた修道院で料理番をしているブラックは貧しいあまり碌な食事も出せないので一発奮起して修道院で禁止されているルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)で一旗上げたいと思うが、赴任してきた美しい修道女アナ・デ・ラ・レグエラに一目惚れした為に迷いつつも遂に決心、ポテトチップスを横取りした痩せ男ヘクター・ヒメネスとタッグを組んでアマチュア試合に出続けて連戦連敗するも、そのファイトマネーで食事の質はぐっと上がる。
 強くなろうと崖に登って迷信で言われる鷲の卵を飲んでも効果なし、やがてアマチュアのバトルロイヤルで準優勝に終わりながら優勝者が負傷した為に英雄的レスラーと戦うことになる。

画像

試合の中では小人二人組のアクロバティックな活躍が印象的だが、珍妙な装いを取っ払えば型通りの人情喜劇で、いくら映画が夢を与える芸術であり多少の嘘は許せるとしても些か出来すぎの結末と言わざるを得ず、結局ジャック・ブラックに親しめれば多少は楽しめるという程度の出来栄え。因みに僕の肌に合わない。
 ジャレッド・ヘスのタッチにはとぼけたところがあり、連戦部分のアイリスによる場面転換などはクラシックで嬉しい。

画像

初めて見るアナ嬢はなかなか美しい。

レスラーのパーティー場面でロックの名曲「ブラック・イズ・ブラック」がかかるのはジョークかね。

"映画評「ナチョ・リブレ 覆面の神様」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント