映画評「椿三十郎」(1962年版)

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1962年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

後に外国の映画界に少なからぬ影響を残すことになる「用心棒」のヒットに気を良くして東宝が黒澤明に作らせたと言われる続編だが、こちらには山本周五郎「日々平安」という原作がある。続編として成立させる為に換骨奪胎したというほうが正確。
 今回はリメイクが公開中ということと黒澤作品を暫く観ていないということで再鑑賞することにした。

画像

とある城下町の社殿に、上級武士の汚職を追及しようとした九人の若侍が飄然とした城代家老(伊藤雄之助)ではなく口の巧い大目付の言うままに集う。
 そこへ浪人(三船敏郎)が現れ、彼らの話しぶりから大目付が彼らを一網打尽にしようとしていると見抜き、機転により若侍たちは難を逃れるが、浪人は青臭い彼らを見かねて手助けを決意して行動開始、案の定城代家老は妻(入江たか子)と娘(団令子)共々拉致されたことが判明する。妻女を救出した浪人は有志たちが頼りにならず大目付の懐刀・室戸半兵衛(仲代達矢)が強敵なので、味方になるふりをして様子を探りに出る。

画像

攪乱作戦であるのは「用心棒」と変わらないが、一人で二組を相手にする前者に対し、敵は一組だが足手まといがいるケースという、双方に甲乙付けがたい状況の面白さがある。明らかにこちらのほうがお話は作り易い、というのも頭脳明晰な浪人が烏合の衆とも言うべき若侍群に指示を出すという構図に作劇の幅があり、台詞で作戦を説明しながら展開できるという利点もあるからである。そこに先を予想する楽しみを犠牲にする弱点が内在しているわけだが、その隙間は敵側との智恵合戦が埋めている。

「用心棒」を先に観ている方に関しては、景色を見ながら「椿三十郎」と名前を決定したり顔をさすったりする愉快な台詞や動作が二番煎じになってしまうので、面白さが減じたように感じる可能性が高いものの、ルーティンが楽しさに通ずる場合もあるので一概には言えない。

画像

仮にそれをマイナスとしても、十分に補う秀逸なお楽しみがある。妻女たちののんびりとした言動であり、敵方ながら若侍たちと意気投合してしまう見張り番(小林桂樹)のユーモラスな点出である。実はかなり殺伐たる内容に軽さを与えるという効果があり、この部分はもっと評価されても良いと思う。

翻って主人公であるが、前作以上に剣豪であり、策略にも長けているのは確かで、その分主人公のキャラクターに頼った部分が多い一方、目の演技者・仲代達矢の凄味も指摘しておかねばならない。それが長い間互いの呼吸を探るあの有名な決闘シーンの迫力へと繋がっている。
 一番印象が違うのが撮影で、望遠を駆使しロングショットの魅力で見せた「用心棒」に対し、三十郎を始めとする人物のキャラクターを強調する目的の為もあろう、こちらは人物が大きく捉えられる傾向にある。

画像

といった次第で、より映画的なスケールを感じる撮影の貢献大で「用心棒」に軍配を上げたいが、全体評価としては観た順番の影響も否定しきれない。

三船敏郎と仲代達矢は圧倒的。特に三船の天衣無縫の豪傑ぶりは無類で、リメイクの織田裕二君が逆立ちしても落ちてくるのは財布ばかり、この馬力には程遠かろう。未だ見ぬ織田君がどうのこうのというのではなく、三船が例外ということである。

三船氏の居合いの速さは僅かに5ないし6コマ、時間にして0.2秒なり。「シェーン」のアラン・ラッドに匹敵する素早さ。改めて感心しました。

"映画評「椿三十郎」(1962年版)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント