映画評「キング・コング」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2005年アメリカ=ニュージーランド映画 監督ピーター・ジャクスン
ネタバレあり

1933年にメリアン・C・クーパーが作った「キング・コング」は、76年に舞台を現在にシフトしてリメイクされ、CGの最盛を迎えた2005年当然のように二度目のリメイクが「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズですっかり大作作家となった感のあるピーター・ジャクスンにより行われた。彼の念願だったようである。

フェイ・レイがクーパーの映画(即ち「キング・コング」)に出ているという台詞があるので、舞台は1933年。
 映画会社に企画をつぶされた映画監督デナム(ジャック・ブラック)がフィルムを持ち逃げ、撮影隊と街で拾った失業女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)とを猛獣運搬船に乗せて、撮影の為にどこにあるとも知れぬ骸骨島に向かう。

というのが発端であるが、とにかく彼らが最初のピンチを迎えるまでに70分も掛かっている。今回観たのは劇場公開版より13分長い201分特別版だが、バランスの問題ではなく絶対時間的に長すぎる。伏線のばらまきやムード醸成に役立っているものの、さすがに冗長と言わざるを得ない。

画像

しかし、原住民にアンが島の守護神らしいキング・コングへの人身御供の為に誘拐されてからは、息をつかせぬサスペンスの連続となる。
 暫くはコングより中・古生代の生物御一行様がお楽しみ(笑)。「ジュラシック・パーク」というよりは「ロスト・ワールド」の世界で、アパトサウルス(ブロントサウルスはアパトサウルスのでっちあげと判明している)やティラノサウルスを始めとする恐竜類は勿論、ゴキブリ、ムカデ、ヒル、サソリなどの超大型版が矢継ぎ早にげっぷが出るほど見せられる。余りにこちらに力が入っているので、コングの場面が見劣りするのではないかと心配になるほどである。

すっかりアンに夢中になったコングが悪役ティラノサウルスを退ける為に奮闘する場面がやっと出てきて安心したが、この後のコングの態度が「男は好きな女には冷たいふりをするもの」という船上のセリフを実践していて微笑ましい。

画像

さて、一行は少なからぬ犠牲者を出した挙句にクロロフォルムで眠らせたコングをニューヨークへ連れ帰り見世物にするが、コングは鎖を引きちぎって劇場から街へ繰り出すと、アンを連れてエンパイア・ステート・ビルの頂上に逃げ、結局複葉機の波状攻撃に墜落してしまう。

お話の構成はオリジナルと殆ど同じだが、島での見せ場はCG時代故に相当長尺になっている。コングはCGとアンディー・サーキス(料理長としても出演)によるモーション・キャプチャーの併用のようで、不満を洩らす方もいらっしゃるが、僕は十分満足した。問題があるとしたらCGそのものではなく、合成ではないかと思う。質感を合わせる難しさはSFXでもVFXでも基本的に同じ。

70年前に戻ったようですなあ。いや、さすがに生まれていませんが。

"映画評「キング・コング」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント