映画評「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1970年日本映画 監督・藤田敏八
ネタバレあり

監督が藤田敏八に変わったシリーズ第2作。お話も登場人物も前作と全く関係がない。

地井武男、藤竜也、前野霜一郎、夏夕介に紅一点の梶芽衣子からなる非行グループ≪ペリカン・クラブ≫。ライバル・西部会との主導権争いに明け暮れるある時、創価学会ならぬ正教学会の幹部への復讐を企む情婦・范文雀が、地井に信者の寄与金3000万円を強奪する計画を持ちかける。
 地井の指導の下、伊豆の海岸にキャンプを張った彼らはオートバイ1台に護衛される現金輸送車を襲うプランを綿密に立てるが、いざ実行の段で予想しないことが起きてしまう。

画像

藤田監督の作品としてはそれほどウェットではないが、叙情に埋没して切れを失う部分がある。とは言え、計画を確認する為に事前に現場検証する辺り本格的な犯罪映画風で、物語自体は前作より興味深いし、冒険映画としてフランス映画の秀作「冒険者たち」を思い出させるムードがあるのも良い。
 遠慮なく対象に銃撃しまくる警察の扱いはアナーキーで、無国籍映画的な面白さがある。

前作同様ホリプロの企画で、前作で和田アキ子が歌った二曲と前年にスマッシュ・ヒットした「どしゃぶりの雨の中で」を聞くことができる。前作のアンドレ・カンドレ(井上陽水)と言い、本シリーズはベテランの音楽ファンにとって楽しめる要素が多いようだ。

"映画評「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント