映画評「ユナイテッド93」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2006年アメリカ=イギリス映画 監督ポール・グリーングラス
ネタバレあり

丁度6年前の9月11日にアメリカで起った未曾有の事件は未だに忘れられない。日本時間で言えば午後10時頃に勃発した。いつもなら「ニュース・ステーション」を観ている時間で、或いは第一報を直に耳にすることが出来たかも知れないが、あの日は大作メールを打っていて、午前になって友人のメールにより知りTVを付けた時は既に第1機のツイン・タワー突入より3時間余りが経過していた。不謹慎だが、歴史的瞬間の第一報に遭遇することが出来なかったことを残念に思ったものである。その衝撃は、しかし、その後の場面でも十分以上だった。

テロリストやその後のアメリカについて言いたいことが山ほどあるが、ここはそれを語る場所ではない。「人間は欲望を持ちながら思考する動物だから愚かな行動を取る」と言うに留める。

さて、この事件がアメリカ映画界に大きな影響を与えたことはその後作られる作品の傾向から如実に伺える。あらゆるジャンルで<家族の再生>をテーマにした作品が急激に増えたのである。事件より数年が過ぎて後遺症を検証する作品も増え、昨年遂にストレートに事件を扱う本作が登場した。

画像

ボストン管制塔がアメリカン航空11便の異常に気付き、慌ただしさを見せる。機影がレーダーから消えた直後彼らは同機がワールド・トレード・センター北塔に激突した事実を知る。間髪を入れず、今度はユナイテッド航空115便の異常が判明、同じ運命を辿り、航空関係者や軍関係者に大きな衝撃を与える。アメリカン航空77便は確認する間もなく、米軍中枢のペンタゴンに突っ込む。

画像

前半は管制塔、航空センター、軍当局の様子が中心に描かれ、タイトルとなっているユナイテッド航空93便の描写は時に挿入される程度。後半はこのバランスが逆になって、ハイジャックされた同便において乗客が団結して犯人たちに向い、操作不能の末に地面に衝突するまでを描く。

画像

手持ちカメラと自然光によるドキュメンタリー・タッチによる臨場感が抜群、超弩級である。ポール・グリーングラスの前作「ボーン・スプレマシー」の手持ちカメラは批判したが、本作では賞賛を惜しまない。
 何故なら、スパイを主人公にした娯楽映画と無名の人々から成るセミ・ドキュメンタリーとでは作品の性格が自ずと違うからである。スパイ映画では臨場感より切れや馬力を見せるべきだが、本作のような作品では臨場感こそが命で、出演者に無名役者(及び本人)を起用したことを含め、狙いと手法が完全に合致している。一見ラフなカメラワークが実は大変細かく計算されていることも特筆しておきたい。
 幕切れで衝突音を入れなかったのもやるせなさを演出するファイン・プレーと言うべし。

9月11日の事件に巻き込まれ死に至った全ての方に、謹んで哀悼の意を表します。

"映画評「ユナイテッド93」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント