名前の読み違い・勘違いのお話

 事情があって映画評はお休み。代わりに映画関係者の名前の読み違いのお話にお付き合い下さい。

 先月久しぶりに見た「名もなく貧しく美しく」にベテラン女優の原泉が出ていたので、何の気なしに調べて判ったのだが、泉は【いずみ】ではなく【せん】であった。驚きましたねー。泉は「男はつらいよ」の泉ちゃんを出すまでもなく、通常【いずみ】ですわいな。

 映画ファンには傑作「独立愚連隊」など岡本喜八作品の常連として知られ、最近ではTV「水戸黄門」の弥七役で知られる中谷一郎も暫く【なかいちろう】と暫くの間思っていたという恥ずかしい事実も打ち明けてしまいましょう。^^;
 そうなると古谷一行にも疑問が生ずる。僕は【ふるやいっこう】と呼んで(読んで)いたが、あるいは【ふるたにかずゆき】だったりして? 調べてみた。おお、【ふるやいっこう】で大正解ではござらぬか。^^)v
 水戸黄門役の西村晃の晃はどうじゃ? やはり【こう】で正解じゃった。^^

 小津安二郎の常連・笠智衆は子供時代に何と読むのか解らなかった代表格。まずどこで切るのか分らないですよね? 山茶花究もちょっと難しい。因みに、【さざんかきわみ】と読みます。

 映画人からちょっと離れると、「荒城の月」で知られる詩人・土井晩翠。本当は【つちい】なのだが、余りに【どい】と読まれるので、遂に自ら読み方を変えてしまったという凄い人。
 島崎藤村の詩集「藤村詩集」を【ふじむらししゅう】と読んで登場人物・藤村(ふじむら)の詩集と思い込むお笑いが出てくるのは成瀬巳喜男の「銀座化粧」でした。
 水上勉は我が県に水上町があるので、どうも【みなかみつとむ】となりがちです。これは友達の奥さんに訂正してもらったのでした。^^;
 大仏次郎も難しくて、我が姉は【だいぶつじろう】と申しておりました。正解は、【おさらぎじろう】ですね。

 僕の好きな監督に三隅研次という人がいるのだが、暫くの間川口兄弟のご母堂・三益愛子のせいで【みます】と読みたくなる時期があったりしましたねえ。^^;
 黒澤明の息子の嫁になったアイドル林寛子のことを冗談で【かんこ】と呼んでいたら、父親はそれが正式名と思い込んでしまったなどということもあります。

 他人のブログですが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズをキャサリン・セダ=ジョーンズと間違えて憶えている人もいました。4、5回間違えていましたので、タイプミスではなかろうて。
 かくいう僕も勘違いはしていないが、苦手な人がいます。ケネス・ブラー。つい、ケネス・ブラーと言ってしまう。未だに油断するとそうなりますので、今度彼の絡む作品が出た時は気を付けて読んでください。^^;

 日本語では、音読みと訓読みとその組み合わせで色々なパターンが考えられ、難儀することが多いですね。例えば、聡(聰)。山村聰は【そう】、寺尾聰は【あきら】、妻夫木聡は【さとし】。そう言えば、最初この<妻夫木>を何と読むのか解らなかったであります。
 西洋人の場合は同じ綴りでも国や地域によって発音が変わってくるややこしさがありますね。

 それで思い出すのは、布施明と結婚したオリヴィア・ハッシー(ハッセー)。Husseyは祖国ブラジルではフッセと発音されるらしく、結婚しても同じ呼び方で良いとジョークを言われたこともあります。
 トム・クルーズとペネロペ・クルスが仲良くなった時も、英語読みでは同じ発音の苗字だ、なんてお話もありましたよね。これは皆さんもよくご存じ。
 私がオカピと重婚(獣婚ですかね)しても、オカピーで支障なし。^^;

 マーティン・スコセッシScorseseは当初スコシーズ、スコセッセ、スコルセーゼ等、色々な風に呼ばれていた監督。結局スコセッシで落ち着き、現在至ります。
 リチャード・ギアGereは当初リチャード・ジェアでした。

 イングリッド・バーグマンBergmanは祖国スウェーデンに帰れば、イングリッド・ベルイマン。先日逝去したあの大監督と同じ姓なんですよね。気付いていない映画ファンも多いので、念の為。
 スウェーデンと言えば優秀なテニス選手を輩出する国ですが、70年代の大選手Borgは常に英語読みのボルグでした。ところが、90年代の大選手Edbergはメディアによってエドバーグになったりエドベリになったり、統一が取れていないので困りましたね。因みに、私は当時エドバーグに似ていると言われていたのでした。「エドバーグよりハンバーグだろう」という声もありましたが。(笑)

 以上、時間潰しにもならない、つまらない話にお付き合い下さいまして有難うございました。

"名前の読み違い・勘違いのお話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント