映画評「あゝひめゆりの塔」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1968年日本映画 監督・舛田利雄
ネタバレあり

終戦の年沖縄で起きた悲劇を映像化した作品は、1953年に今井正が発表した「ひめゆりの塔」が有名で、82年と95年にリメイク(いずれも水木洋子脚本)されている。本作は同作とは直接関係ないものの勿論同じ事件を扱ったものである。

画像

沖縄師範学校女子部の運動会に男子部の学生たち(浜田光夫ら)が偽券を使ってこっそり入り込むのはまだ危機感の薄い1943年、いかにも日活らしい青春模様が展開する。
 米軍の本土への接近が迫る44年9月、学童疎開船・津島丸が撃沈され1500人近い学童と付添人が死んだ悲劇を経て、1945年3月女子部の学生たち(吉永小百合、遠山智映子、浜川智子ら)は臨時看護婦として、攻撃が激しくなった為に南の病院へ移動する傷痍兵と行動を共にすることになる。

画像

全てが事実であるわけではないが、軍人の大嘘や国粋主義者の馬鹿げた言動には激しい義憤を覚える。
 軍人たちは護衛艦がつきながら撃沈された津島丸沈没を卑怯者の流言と誤魔化し、日本軍の反撃と適当なことを言って水浴びをする女子学生をグラマンの攻撃にさらしたりするのである。
 一方、元寇以降の「神風」への根拠なき信仰、少なくとも1500年以上日本人が守ってきた極端な精神主義に国民が愚弄された、時代のムードは薄味ながらもきちんと醸成されている。悲劇は日本人全体が半強制的に国粋主義にならざるを得なかったこと、それに尽きる。さもなくば無辜の学生たち、沖縄県民ががあれほど意味のない死を選ぶこともなかったのだ。

画像

舛田利雄監督の描写はさほど強烈ではないが、リリカルな味付けには良いものがあり、女子学生の一人・和泉雅子が青酸入りの牛乳を飲む場面で、蝋燭の火が消えることでその死を暗示するのは特に強い印象を残す。

"映画評「あゝひめゆりの塔」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント