映画評「戦争と人間 第二部」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1971年日本映画 監督・山本薩夫
ネタバレあり

前回第一部の副題を「愛と悲しみの山河」と記したが間違いで、こちらがそれでした。第一部の副題は既に訂正済みなので、ご容赦ください。

画像

昭和6(1931)年満州事変から、盧溝橋事件の起きる昭和12(1937)年までを描くが、本編は第一部と第三部(完結編)に比べて、個人に注視した作りになっている。
 その間に5・15事件(昭和7年)や2・26事件(昭和11年)などが発生、軍部の権力強化や治安維持法による思想の取り締まりの激化など不穏な空気が漂い、伍代家の人々にも少なからぬ影響を及ぼすことになる。

伍代家の長女・由紀子(浅丘ルリ子)と陸軍少佐(高橋英樹)、成人した次男・俊介(北大路欣也)と長男の昔の婚約者にして今は富豪(西村晃)の人妻(佐久間良子)、次女・順子(よりこ=吉永小百合)と俊介の親友・耕平(山本圭)の三者三様の恋模様、そして満州での医師(加藤豪)と地元大地主の娘(栗原小巻)の秘められた慕情...

画像

山本監督には些か人間描写の緻密さに欠ける印象を抱いているが、その一方、社会の動きと登場人物の動きの切り返しは抜群で、大変解り易くまとめている点は高く評価できる。必要以上の社会主義思想への傾きは感心しないが。

関東軍暴走の末の満州事変は、国連脱退(昭和8年)で日本の国際社会における孤立化をもたらしただけでなく、蒋介石の国民党と共産党に抗日統一戦線を作らせ、却って日本を長い日中戦争への道を歩ませることになるわけで、関東軍だけではなく政権に近づいた軍部の思慮を欠く戦略には怒りがこみ上げてくる。恐慌でのし上がった新興財閥の伍大産業がそうした軍部の間隙を突くように権謀術数を弄し【死の商人】として発展していく様も大変恐ろしい。

画像

一方国内では、暴力的な組織運動の取り締まりから自由思想の取り締まりに変化していった治安維持法に基づく警察の横暴は留まらぬところを知らず、耕平やその知人たる画家(江原真二郎)や作家もその被害を免れない。警察の非人間的行為には義憤を超えて、二度とこういう時代の再現はご免であるという思いを強くする。
 日本が国際連盟を脱退した昭和8年にプロレタリア文学者・小林多喜二が29歳の若さで獄死した事実も書き加えておこう。

"映画評「戦争と人間 第二部」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント