映画評「犯人に告ぐ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・滝本智行
ネタバレあり、注意されたし

今秋劇場公開される作品の先行放映。先日カンヌ映画祭のグランプリを獲った「殯の森」の先行放映を見損なったので、今回は注意しましたです。

2000年12月31日に起きた児童誘拐事件を少年の殺害という最悪の結果に導き左遷された刑事・豊川悦司(現在警視)が、6年後川崎で発生した連続児童誘拐殺人事件解決の為に神奈川県警本部に召喚される。かつて直属上司であった本部長・石橋凌は6年前に記者会見で失敗を犯した彼をTVのワイドショーに出演させる奇策に出るが、その思惑に反し豊川本人は犯人に語り掛け、犯人が尻尾を出すのを待つ。

犯人が劇場型だったのは「模倣犯」だが、こちらは香港映画「ブレイキング・ニュース」と同じように警察が劇場型という趣向で、原作は雫井修介のベストセラー。

画像

序盤の雰囲気では捜査サスペンスとして進むように思えるが、本部長と豊川の上官扱いになった元警察幹部の息子で警視・小澤征悦が登場してからすっかり主人公を巡る人間劇となり、これを基軸として立身出世や保身に走る人々を揶揄的に扱う一方で、加害者を通して現代社会の病巣にアプローチするという構造である。

警察やマスコミも現在の社会的疾患から免れることは出来ず、被害者問題も絡める。といった具合に種々の要素が散りばめられているので前半は狙いが不鮮明に感じられるが、後半徐々にそれらが【混沌する現代社会】というテーマとして集束し、最終的には焦点が合う。

滝本智行という監督は初めて観るが予想以上にがっちり作っていて、捜査そのものに徹底した韓国映画「殺人の追憶」には大分及ばないものの、昨今作られた大半の欧米製捜査映画より手応えがあると言っても良いくらい。

ベストセラーの映画化なのでまた原作ファンがとやかく言うのだろうが、それは映画評としては基本的に意味のないことなのでやめて下され。映画は長編小説の2時間で読める代用品ではない。

"映画評「犯人に告ぐ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント