映画評「三本指の男」

☆★(3点/10点満点中)
1947年日本映画 監督・松田定次
ネタバレあり

戦後GHQがチャンバラ時代劇を事実上禁止したので、時代劇で食っていた東横映画(現・東映)は大いに困った。そこで代替として登場してきたのが冒険ものや探偵ものである。本作は看板スター、片岡千恵蔵が金田一耕助に扮したシリーズ第一作で、原作は「本陣殺人事件」。原作との差異は指摘しないが、元来そういうレベルで作られていず、市川崑の金田一シリーズと比べれば児戯に等しい。

米国から帰国した金田一が恩のある久保家に訪れる。当主が養女として引き取った姪の克子(風見章子)が、名家の一柳家の長男・賢造に嫁ぐことになっているのだ。女工時代の親友・白木静子(原節子)も祝いに訪れるが、祝言直後の深夜に密室状態の部屋で新婚夫婦は殺されてしまう。

事実関係としては、克子が昔ある男と関係があったことを告げる脅迫状めいたものが届き、事件の直前にその男の成れの果てと想像される三本指の男が周囲をうろつきまわっている、ということが挙げられる。しかし、これから推理してくださいと言われてもとても無理じゃね。

画像

問題点ばかりだが、決定的なのは描写のバランスの悪さである。最初30分は布石を置く部分だが、事件への伏線は二つの脅迫状と三本指の男の出没以外になく、ひたすら封建的な因習に縛られて動きが取れなくなっている旧家の状態を説明するだけ。ところが30分過ぎに事件が起ると、金田一は静子を助手に付け、碌に調べもしないのにあれよあれよという間に事件を解決してしまう。
 73分しかないのに、背景の説明に30分も掛け、事件をほんの数分程度描いた後、残り30分は専ら事件解決に当てるというのは、どう考えても探偵ものとして全くバランスが取れていないと言わざるを得ない。バランスが悪いどころか、推理過程が殆ど抜けている。

原作ではどう扱われていたか記憶がないが、警察が帰国したばかりの新米探偵に対して神のように崇めて無条件に協力するのも実に奇妙だし、それ以上にすんなり行き過ぎて面白味が足りない。

水車と琴の糸を使ったトリックはなかなか興味深いが、その前提となる密室が全くいい加減な設定で、ミステリーとしてナンセンス千万。「まだ遅くない」という二番目の脅迫状はインチキ描写に支えられたもので、僕はこういう映像上のインチキは大嫌いである。

ネタばれ気味だが、金田一に多羅尾伴内が絡んだようなお話になるに至って、もはや語る元気も失せる。

さて、上の写真は誰でしょう? 「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンではありません。

"映画評「三本指の男」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント