映画評「父親たちの星条旗」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2006年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド
ネタバレあり

クリント・イーストウッドのここ数作のテーマは【真実は見た目とは違う】ということになろう。本作などは正にそのもので、太平戦争末期の1945年に硫黄島で撮られた一枚の写真が引き起こすドラマを描いた実話である。

画像

太平洋戦争末期、日本が最後の砦としていた硫黄島にアメリカ軍が上陸、日本軍が死守していた摺鉢山を奪い取り、星条旗を立てる。が、その星条旗は記念に欲しいという政治家の為に下ろされ、別の旗が6人の手により立てられる。
 この二つ目の旗を立てた6人のうち、生き残った3人即ち、衛生兵ジョン・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)、伝令レイニー(ジェシー・ブラッドフォード)、ピマ族のアイラ(アダム・ビーチ)が英雄として戦時国債キャンペーンに駆り出されて全国行脚するうちに、旗を揚げた以外に何もしていない虚像故に悩みを深めていく。アイラはそれにインディアン故の差別が加わり、戦後アル中で死んでしまう。

彼らは虚像の英雄であり、それはそのまま硫黄島に攻め込んだ大軍が国民の国債により辛うじて成り立っているという米国の虚勢に通ずる。我々日本人は長い間「アメリカには全く歯が立たない」と思っていたのに実は破産寸前で日本と大差がなかったのだ、と初めて思い知るに至った。
 その意味で【真実】が解る大変興味深いお話だが、その興味とは別次元のレベルで、三人が英雄という立場に苦悩を深めて行く様がじっくりとシニカルな視点により描き出され(回想形式)、ドラマとして深い印象を残す。

画像

原作はジョンの息子ジェームズ・ブラッドリーとロン・パワーズの共著。

並行描写が好きなポール・ハギスとウィリアム・ブロイレス・ジュニアの脚本には難点もある。三人が真の英雄と称えるマイク(バリー・ペッパー)やイギー(ジェイミー・ベル)の描写が足りずにピンと来ない部分があるのである。時系列の交差に夢中になりすぎたわけでもあるまいが。

戦場は彩度を下げたモノクロに近い色彩で描かれ、CGの助けを得た凄惨な戦闘描写とライティングのおかげで強烈な印象を残している。イーストウッドとしては当時の真の姿を浮き彫りにするという狙いを持って作ったはずで、正統派の反戦映画ではないかもしれないが、厭戦気分に満ちている。その背後で揺曳しているのはイラク戦争の影である。日本側の「硫黄島からの手紙」と併せて観ることで初めて本作の真価は掴めるだろう。

因みに、「硫黄島の英雄」(1961年)というアイラを主人公にした同工異曲作がある。なかなかの佳作だったらしいが、残念ながら僕は観ていない。

"映画評「父親たちの星条旗」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント