映画評「眠狂四郎勝負」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1964年日本映画 監督・三隅研次
ネタバレあり

シリーズ第二作の監督は我がご贔屓・三隅研次。三本演出したうちの最初の作品である。

画像

眠狂四郎が子供の仇討ちに協力した時知り合った老人(加藤嘉)の襲われる現場に遭遇、老人が倹約令を遂行している勘定奉行であると気付く。狙ったのは贅沢を禁じられた将軍・家斉のわがまま娘・高姫(久保菜穂子)の刺客だ。
 狂四郎は頑固な老人が気に入り、勝手に警護する。商売のしづらくなった札差・米問屋から賄賂を貰った要職・白鳥主膳(須賀不二男)も刺客を派遣、さらに西洋人の夫を人質に取られた占い師・采女(藤村志保)が奉行を守る狂四郎を撹乱する役目を負って絡んで来る。

命を狙われる勘定奉行を狂四郎が守るというだけの単純な物語だが、色々な思惑のある刺客を出入りさせて単調さを回避、その二人のユニークな信頼関係がとぼけた味わいを生み出している。
 基本的にはそう理解して良いのだが、頑固ながら人情に溢れる勘定奉行に扮した加藤嘉が適役だったか否か微妙な印象あり。この役者の個性からして頑固な農民ならいざ知らず、いかに高潔の士とは言えど高級武士はどうも似合わない。その一方で、極めて庶民的な高級武士という愉快なキャラクターを作り出したとも言える。とにかく、二人の交流は面白いとは思うものの満点とは感じないのだ。

市川雷蔵演ずる狂四郎の人物像が、虚無的でありながら実はかなりの人情家ではないかと思わせる部分が他の作品より目立ち、珍しくも温かみが残る。後味は大変良い。

三隅監督はスクリーンの左右に大写しを配置する様式美で痺れさせてくれるのだが、人物の動かし方も上手いのでこういう出入りの激しい作品には強く、頗るタイトに一気呵成に展開させている。
 具体的には、鑓使いの刺客を無理矢理橋の下に連れて行きその鑓で高姫の籠を突く場面は圧巻と言うべし。風呂に浸かった狂四郎の逆襲もきびきびして見事。

画像

様式美 だけじゃないよと 三隅言い

"映画評「眠狂四郎勝負」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント