映画評「間宮兄弟」

☆☆★(5点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・森田芳光
ネタバレあり

森田芳光はメジャー・デビュー作「の・ようなもの」以来全て観ていると思うが、86年(「そろばんずく」)から90年代半ばまでの不調を経て「(ハル)」で復活、その後の仕事ぶりは評価している。評判の悪い「模倣犯」も原作や役者の演技力に拘って的を射ない批判が多い中で邦画の標準を上回ると判断した。前作「海猫 umineko」は物足りなかったが、今回はいかに。
 原作は「東京タワー」などで御馴染みの江國香織の小説。

兄(佐々木龍之介)はビール会社の研究員、弟(塚地武雅)は小学校の用務員(最近は校務員というらしい)という間宮兄弟。静岡の資産家出身らしいが、東京で二人仲良く暮らしている。横浜ベイスターズとビデオによる映画鑑賞と飛行機が好き、小書店並みの蔵書があり豊富な知識が持っていても、そばに寄り添う女性がなければ充実した人生とは言えぬ。
 そこで、小回りの利く弟が兄の為に画策を開始、小学校の女教師(常盤貴子)やビデオ・レンタル店の店員(沢尻エリカ)を巻き込んでカレー・パーティついで浴衣パーティを開くが、勿論こんなことで恋の芽が出るはずもない。
 兄の上司と離婚した女性に懸想した弟も空振りに終り、かくして二人の生活は十年一日のごとく進むのである。

少年時代の関係が20年後も続いているようなメルヘンチックな兄弟をスケッチ風に、「の・ようなもの」の小ネタ集の感覚で描いたものだが、僕はデビュー作に余り感心しなかったほうなので、これもそう面白いとは感じられない。
 変な兄弟と今時のレンタル店員姉妹を対比して兄弟姉妹の関係を見つめようという終盤の狙いは解らないではないが、かくもほのぼのとした兄弟関係が必ずしも理想的とは言えず、現代若者気質を描くというには兄弟は例外的すぎ、スローライフの味わいを楽しめということなのか、主題を正確に把握出来ない。面白くないというのはそういう意味である。結局は小ネタの面白さしか残らない気がする。

映画的にある程度興味をそそられるのは映像とシンクロしない台詞や内面モノローグの使い方だが、★一つ分のご褒美とするにはやや物足りない。

"映画評「間宮兄弟」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント