映画評「黒いチューリップ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1964年フランス映画 監督クリスチャン=ジャック
ネタバレあり

<黒いチューリップ>第2弾。そのまんまです。RAYさん、大正解です。

地上波であるがノーカット(CMによる中断あり)字幕スーパーなので、アラン・ドロン・ファンの虫が騒いで30年ぶりくらいに観ることにした。都合三度目。

大デュマの同名小説の映画化とされることもあるが、あちらは<黒いチューリップ>発明をめぐる陰謀劇で映画のように兄弟が暴れまわるわけでもないので、殆ど関係がないと思ったほうがよさそうだ。警察隊長の扱いなど、大デュマよりオルツィ夫人の「紅はこべ」からアイデアを戴いたと想像される部分が少なくない。

お話は、フランス革命の2ヶ月前から始まる。
 伯爵のギョーム(アラン・ドロン)は女たらしだが、黒いマスクを付けて<黒いチューリップ>を名乗り他の貴族たちに対し強盗を働く。義賊であり革命を指揮する事実上の共和派リーダーである。
 が、彼の正体に密かに気付いている警察隊長の男爵に顔に傷を付けられ大弱り、仕方なく瓜二つだが感傷的な弟ジュリアン(ドロン二役)に会議出席を依頼する。

製作者は世の人気俳優に二役をさせたがるもので、ジャッキー・チェンもジャン=クロード・ヴァン・ダムも二役を演じた。しかし、アクション映画で本作のドロンに優るものはなし。
 また冒険ものでは瓜二つの人物という設定は誠によく使われる。仮面、変装と共に冒険ものの三大設定と言えるほどの常套手段だが、上手く使えばこれほど楽しい設定もないであろう。

以降、兄殿は義族的な仕事も放り出したので、この弟君が成り代わって共和派を指揮して暴れまわり、逮捕されれば勇敢な兄が救出に向う。橋の爆破は迫力不足だが、兄が牢獄の壁をよじ登って弟を救い出す場面は冒険ムード満点。
 フランス映画らしくのんびりと進むのは必ずしも悪いことではないが、兄が<義賊>を辞めるのは唐突すぎて展開上弱い。

全体としてドロンの奮闘ぶりが宜しく、これを観ると益々彼のアルセーヌ・ルパンが観てみたかったという思いを強くする。もはや叶わぬ夢だが。

"映画評「黒いチューリップ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント