映画評「テス」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1979年イギリス=フランス映画 監督ロマン・ポランスキー
ネタバレあり

ヴィクトリア朝後期英国の文豪トーマス・ハーディの「日陰者ジュード」と並ぶ代表作「ダーバヴィル家のテス」をロマン・ポランスキーが映画化した文芸大作。先年ディケンズの「オリヴァー・ツイスト」を映像化した彼にとって本作が初めての本格的文芸映画だったと記憶する。

農村の娘テス(ナスターシャ・キンスキー)は名門の末裔であることを知った父親により下女として送り込まれた同門の富豪の家でぐうたらな息子アレック(リー・ロースン)に暴行されて妊娠、実家で産むが間もなく赤子は死亡、正式な洗礼を受けていない庶子故に牧師は教会での埋葬を許さない。
 数年後乳絞りになった時牧師の息子ながら酪農を勉強していた若者エンジェル・クレア(ピーター・ファース)と愛し合って結婚するが、彼はアレックとの過去を許せず出奔する。
 酷烈な生活の末に家族の為にアレックと妻となったテスは、エンジェルの出現に動揺してアレックを殺し、逃避行の末に死刑になる。

父親が偶然知った情報から純真な娘が道を過つことになる運命の皮肉を綴りながら、父親から始まる男性の身勝手さに批判の目を向け、教会や聖職者の偽善を指摘し見応え十分。主題は原作と同じだが、映画的テクニックを駆使してポランスキーは盛大にヒロインの流転を描き上げる。
 例えば、省略の効果。ヒロインがアレックから去った場面に農作業をするテスの前に妹が赤ん坊を連れて来る場面を繋ぐが、省略を上手く利用して映画的魅力を生んだ名演出である。

印象派の絵画のような牧歌的な、時に野趣溢れるショットの連続で、これだけでも観る価値は十分ある。
 残念なのは今回の放映版の解像度が昔のVHSレベルで、特にロングショットが純粋に楽しめなかったこと。27年前に映画館で観た時はスクリーンの状態が悪くて余り快く観られなかった記憶があり、どうも巡り合わせの悪い作品らしい。ただ、時にそのぼけ具合が上手く機能して絵画的効果を発揮する個所もある。

本作で本邦初登場したナスターシャ・キンスキーは父親クラウス・キンスキーの威光に関係なく、なかなかの大物ぶりだった。イングリッド・バーグマンの再来とも言われたが、口元に品がないのが玉に瑕。その後も注目作に出続けるが、90年代以降はパッとせず、最後に観たのは6,7年前の「マイ・ハート、マイ・ラブ」。

ポランスキーはオープニング・タイトルの最後で"To Sharon"と、10年前の1969年にチャールズ・マンスン一味に惨殺された愛妻シャロン・テイトに献辞を捧げている。どういう思いがあったものか。

"映画評「テス」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント