映画評「ローレライ」

☆☆(4点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・樋口真嗣
ネタバレあり

福井晴敏はここへ来て次々と映画化されているが、最初に観た「亡国のイージス」が映画的に(あくまでその比較において)断然優れている。「亡国のイージス」をそのまま太平洋戦争に移し替えたような本作は、同作の良いところを最大限縮小し悪いところを最大限拡大したような印象。

舞台は1945年8月なのだが、過去を舞台にしたパラレルワールドの日本と思っても首を傾げることばかり。
 SFと解釈して観ても、あんな髪型の日本軍人を見せられては椅子から転げ落ちるしかない。言葉遣いも相当変だが、それ以上に長髪の軍人は気分を殺ぐ。人気役者だろうが何だろうが、軍人役は全員坊主になるべし。リアリティ以前の問題であり、これを為さねば演技力もへちまもない。

そこへふけば飛ぶようなCGが加わって益々意気消沈。二次元アニメでももっと立体感・重量感を出せますぜ。

敗戦したドイツ軍から秘密裏に接収された特殊潜水艦が、役所広司を司令官に、二度目の原爆投下を阻止すべく南下するが長崎への投下は回避できず、やがて、東京に第三の原爆を落とそうとしているアメリカと結託した連中がクーデターを起す。

「亡国のイージス」は時限サスペンスとして手に汗を握る部分があったが、本作の姦計者は全く手応えのない連中で、手に汗が滲み出る前にあっさりとやられてしまう。
 また、福井晴敏は女性を乗せなければ気が済まないようで、超能力者のユダヤ少女(香椎由宇=日本人の血が混じっているという設定)を絡めているが、彼女が出ている場面は尽く水増し的でつまらない。

といった次第で、「イージス」同様現代の日本人に何かメッセージを残したいのだろう(敢えてぼかす)が、この貧相な作品から感じるのは作品そのものが持つ<空しさ>だけである。

監督から<NO出ない>映画でござるな(余りにつまらないので駄洒落を考えてみた)。

"映画評「ローレライ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント