映画評「大停電の夜に」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・源孝志
ネタバレあり

今年の初め「THE有頂天ホテル」が話題になったが、それより少し前に作られた群像劇。日本映画界ではにわかに群像劇がブームになっているようである。

クリスマスの夜の東京、余命間もない父親を抱えた会社員・田口トモロヲが仙台へ左遷させられることが決まり、愛人・井川遥と別れようとするが、妻・原田知世は離婚届を書いている。彼は父親から初めてその存在を知らされた実母・淡島千景に電話を入れる。やがて人工衛星が落下して東京に数時間に及ぶ大停電をもたらす。暗い中、彼女は夫・宇津井健に不倫の子を持った過去を話し、ショックで家を離れた彼はとあるジャズ・バーに辿り着く。
 バーの主・豊川悦司は今日をもって店を止めようとしているが、かつての恋人である原田が来るのを待っている。ろうそく店を営む妙齢の田畑智子からもらった蝋燭で店を照らし、彼女に過去を語る。原田は現れるが会釈しただけで別れ、夫と再び仙台でやり直すことを決意する。

群像劇と言っても、離婚の危機にあった夫婦の絆が再び結び付く模様が明確に軸となっていて、これに関連する人物を繋げるように広げて行くという形を取っている。
 この夫婦を中心に話を書いて行くと、6年ぶりに刑務所から出てきた男・吉川晃司と二男を孕んでいる昔の恋人・寺島しのぶと、人工衛星マニアの少年と乳癌になった少女・香椎由宇のエピソードがはみ出てしまう。吉川は宇津井に助けられ病院で田口と遭遇するからまだしも、若い二人は病院にいながら全く交錯して来ないので、テーマ的に多少関連してくるものの無駄気味。ない方がすっきりする。

共同で脚本も書いた源孝志は初めて観るが、予想よりきちんと作っているし、男女の愛と親子の情を独立させずに互いに補完しあうように構成したところが宜しい。永田鉄男による撮影もなかなか重厚かつ面白味がある。

ビル・エヴァンズの名作「ワルツ・フォー・デビー」から第一曲"My Foolish Heart"がフィーチャーされているのがジャズ・ファンにはお楽しみ。

その昔「ニューヨークの大停電」というピンク・コメディーがあったのを思い出しました。あの作品よりは大分良い出来栄えであります。

他の方のレビュー⇒
「大停電の夜に」(風に吹かれて)

"映画評「大停電の夜に」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント