映画評「宇宙戦争」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

ブログ友だちの方々から少しずつ聞えて来る評価は悪かったが、SF映画は中味が空っぽなほど良いと考える僕は楽しめるだろうと思っていた。

H・G・ウェルズの古典SFの何度目かの映像化になるが、自身がハリウッド的に見えてハリウッド的ではないことをスティーヴン・スピルバーグが見事に証明したSF映画である。細かな設定は原作は勿論古い映画版からも変えてある。

21世紀のある時、落雷のような現象が起きたことを起点として、事前に(数万年前という)地下に埋められていた巨大な三本足の侵略兵器が世界各地で暴れ出し、巻き込まれたニューヨークの港湾労働者トム・クルーズが離婚した妻ミランダ・オットーとの間に出来た娘ダコタ・ファニングと息子ジャスティン・チャトウィンを連れ、前妻のいるボストンに向けて逃走する。

基本的にはこれだけの話で、骨格的には有名な53年作と殆ど同じである。逃走するのが家族でしかも子供絡みというのはいかにもスピルバーグらしいが、直線的に進みメッセージ色を排した(ように見える)作りこそ彼の真骨頂と言っていい。ハリウッドの主流ならこんな作品は作らない。反戦や環境汚染への警鐘といったメッセージを直裁に加えて映画を台無しにしてしまう。
 一方で、この映画は本当に空っぽで、メッセージがないのだろうか。全く違う。実は、彼のユダヤ人としての思いと9・11以降のアメリカ人の心象をないまぜに投影した変化球作品なのである。それを表面的に顕さないところにスピルバーグの巧さがある。

動けなくなった車の群の中をただ一台だけ移動する車といった「海外特派員」的、或いは、一つの死体が流れた後大量の死体がどっと流れて来る「鳥」まがいの、つまりヒッチコックを意識したような演出が面白い。

父と娘が潜んでいるあばら屋に伸びてくるファイバースコープの怪物のような<探知器>も53年版と大きく変更ないのが嬉しいが、ここでのカメラワークや編集が優れている。滑らかで的確で状況が非常に解りやすい。

「なーんだ」と言いたくなる幕切れも同じだが、馬鹿馬鹿しいと言ってはお終いで、こういうのは素直に楽しんだ方が得である。
 また、この幕切れへの伏線がないと述べている方が少なくないが、それは誤っていると言わねばならない。開巻は勿論だが、中盤の移動場面に明確な伏線がある。

不満があるとしたら、SF大量生産時代故に新味不足が目立つことで、大昔に53年版を観た時の興奮には程遠い。
 アメリカの安達祐実ことダコタ・ファニングの神経症的な五月蝿さにも閉口する。

"映画評「宇宙戦争」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント