映画評「サマータイムマシン・ブルース」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・本広克行
ネタバレあり

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ターミネーター」などタイムトラベルをテーマにした作品は少なからずあるが、劇団【ヨーロッパ企画】の舞台を映画化した本作は従来の発想を逆にしたと言って良く、大変興味深い。
 因みに、エディー・コクランの名曲「サマータイム・ブルース」とは何の関係もありません。

夏休みのある日、大学のSF研究会の連中(瑛太、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典)が、相部屋となっている写真部の美人二人(上野樹里、真木よう子)の為に下手な野球を敢行して写真に撮らせる。その後近所の銭湯でのシャンプー盗難騒動の後、もさっとした感じの正体不明の若者(本多力)が部室に置いていった機械を操作するとタイムマシーンと判明。折しもエアコンのリモコンを前日壊してしまい暑くて我慢ならぬと、その直前に戻ってみることにする。

ここまでは従来のタイムトラベルものと同じだが、面白くなるのはここからである。過去を変えると自分たちの存在も危なくなると気付いた彼らはちょっとだけ変えてしまった過去を元に戻す為に行ったり来たりするお話になるのだ。

過去を変えない為に昔に行くことをメインストーリーにした作品は過去に記憶になく、観客はそれを通して<あること>に気付かされていく、という構成が実に巧妙で、タイム・パラドックスを回避したディテールも抜群である。「戦国自衛隊1549」のように歴史の復元力といったいい加減なものではなく具体的で、そこにお笑いを満載した上田誠の戯曲・脚本はお見事。

最初は観ようかどうか迷ったくらいだから、大変な拾い物と言わねばならない。

"映画評「サマータイムマシン・ブルース」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント