映画評「息子のまなざし」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2002年ベルギー=フランス映画 監督ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
ネタバレあり

2004年映画鑑賞メモより。

ベルギーのダルデンヌ兄弟のドラマ。カンヌ映画祭でパルムドールを取った前作「ロゼッタ」はピンと来なかったが、本作は興趣に富む。そうなると、現金なものでふらつくカメラも気にならない。

職業訓練校で大工・木工を担当している教師オリヴィエ・グルメが、溶接の方から少年モルガン・マリンヌが回され当惑を隠せない。それを告白された妻は号泣する。少年は彼らの子供を殺した犯人で、少年院から出たばかりだった。しかし、教師は少年には真相を告げず、淡々と指導する。

彼の心情を察するに余りあるが、感情を抑えようとする表情がつらく、演出的にも観照に徹するので却って彼の心情が際立つ。

教師は少年を伴って兄の経営する木材置き場に向かうのだが、自動車の中で教師が少年に「何故少年院にいたのか」と尋ねる場面ではいやがおうにも教師と観客に緊張感が高まる。少年だけが事情を知らないというアンバランスさが心理サスペンス的に面白い効果を上げているのである。兄弟のスタイルから言って意図ではないのかもしれないが、結果として大変劇映画的になっていると言って良い。

置き場で遂に真相が告げられ、少年は恐怖で逃げ回る。教師は追い回すが、恐らくこの時点で傷つけるつもりはなかったと推測する。そして、最後に少年が黙々と一緒に角材を車に積む姿に観ている我々も感極まってしまう。

"映画評「息子のまなざし」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント