映画評「鏡の女たち」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2003年日本映画 監督・吉田喜重
ネタバレあり

吉田喜重と言えば観念的で難しいといったイメージが強いが、「嵐が丘」以来15年ぶりに作られたこの最新作は比較的解りやすいし、ミステリー的な興味も交ってなかなか印象深い作品に仕上がっている。

子供(娘)を出産したまま病院から姿をくらました娘らしき女性・田中好子と再会した老婦人・岡田茉莉子は彼女の部屋で割れた鏡が掛けられているのを見て「自分の娘だ」と直感する。彼女の家にも娘が割った鏡がそのまま掛けられているのである。
 好子は記憶を失っているので肯定も否定もできないのだが、茉莉子はDNA判定に委ねず、好子が記憶している病院の風景が彼女自身が広島で過ごした景色と一致することが判明、孫の一色紗英を加えた3人で広島に旅することになる。

そこで娘誕生の秘話を語るのだが、それは原爆投下の苦い記憶を語ることに他ならない。
 娘の誕生には(性的に関わるのは勿論ただ一人であるが)、3人の男性が関っている。その為彼女はTV取材に頑として応じなかったわけなのだが、結局は全てを明らかにする。

幕切れで最後に障子越しに写る子供には、未来へ原爆の悲劇の記憶を繋いでいこうという吉田の思いが込められている。仕掛けはありがちと言えばありがちだが、ミステリー的に処理して興味を繋いだ努力は特に評価できる。なかなか気に入りました。

"映画評「鏡の女たち」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント